そういうことだろ~

鹿島は勝ちにこだわる〝嫌らしさ〟が必要 「今季もブラジルスタイルでよかったんじゃない?」1/2ページ

ベルギーから戻ってきた鈴木(右)=6日、カシマ
ベルギーから戻ってきた鈴木(右)=6日、カシマ

――J1鹿島が6日、柏に1―0で勝ち2勝1敗としました

清水「鹿島が憎らしいほど強くなきゃ、Jリーグは盛り上がらないよな」

――30年間貫いてきたブラジルスタイルを一掃。クラブ初の欧州人監督(レネ・バイラー監督)は入国制限で開幕に間に合わず。岩政大樹コーチが代行監督です

「新監督がSNSでチーム作りの指示を出しているそうだが、無理があるよね」

――メンバーを見ていかがですか

「FWは日本代表の上田綺世と、ベルギーから鈴木優磨が戻ってきた。〝生え抜き2トップ〟はわかる。ゲームメークはブラジル人MFピトゥカに任せるべき。左利きだし、この2人のFWを生かせるパスが出せる。レベルが高い選手だ」

――この選手はクラブアドバイザーのジーコが昨季ブラジルから連れてきました

「だろ~。今季もブラジルスタイルでよかったんじゃない?」

zakスペシャル

ランキング

  1. バイデン大統領のアジア歴訪を韓国が悪用!? ケジメなき「反日」暴挙問題の棚上げ画策も 「対北政策を利用し『告げ口外交』か」識者

  2. 中国〝恫喝体質〟また露呈 王毅外相「日本は火中の栗を拾うな」 日中外相会談の同日、爆撃機が沖縄飛行

  3. 【艶グラドル】林凛「女子大生7年目です」 セクシーポイントは「長身からの長い脚」

  4. 4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」

  5. 文在寅派、支持率ガタ減り…「性犯罪日常化政党」との指弾も 韓国で依然根強い「反日左翼」勢力 与党は6月統一地方選で大勝か

  6. 乙武洋匡氏、今夏の参院選出馬へ 大激戦の東京選挙区 水道橋博士も「れいわ新選組」から出馬表明 「スポーツ報知」報道

  7. 自民・高市政調会長、決然と批判! 韓国の竹島調査疑惑「外交儀礼上、問題がある」

  8. 後継者出現!プーチン氏〝退陣Xデー〟間近か 重病、クーデター説も 複数の諜報機関が暗闘 「数カ月後に大統領選の可能性」識者

  9. 文政権から30人監獄行きも 検察の「捜査権剝奪」法案で大荒れの韓国 検事総長が辞表を提出、国民からも批判 識者「民主主義へのテロ」