心臓病ロボット手術最前線

術後3日で退院できるダヴィンチ手術 4つの穴だけで治療する「低侵襲」実現したロボット支援1/2ページ

ダヴィンチ(右)を駆使した手術を数多く手掛けてきた渡邊剛総長
ダヴィンチ(右)を駆使した手術を数多く手掛けてきた渡邊剛総長

国内では年間20万人以上が心臓病で亡くなっている。生活習慣病を抱えている人は狭心症や心筋梗塞を発症しやすく、心臓の弁もうまく機能しなくなるなど、心臓病を引き起こしやすい。その手術が近年大きく進化した。ロボット支援下手術(ダヴィンチ)では、手術後3日での退院も実現。国内外で心臓病ロボット手術を牽引するニューハート・ワタナベ国際病院(東京都杉並区)の渡邊剛総長に話を聞いた。

年を重ねれば、階段を上ると息切れがするようなことが起こる。特にコロナ禍の運動不足では体力も低下し、息切れは「運動不足」「年のせい」と思われがちだ。しかし、服を着替えるだけでも息切れがすると尋常ではない。そんな症状を引き起こす病気のひとつに「僧帽(そうぼう)弁閉鎖不全症」(別項)がある。

「僧帽弁閉鎖不全症は重症化すると心不全を引き起こします。早期段階では自覚症状に乏しいのですが、進行すると息切れ、夜間の呼吸困難、激しい咳や胸痛などの症状が伴うようになります」と渡邊医師は説明する。

重症化した僧帽弁閉鎖不全症の治療は、手術が基本となる。

左心房の閉じなくなった僧帽弁を修復する「弁形成術」、人工弁を置き換える「弁置換術」がある。いずれにしても、昔から行われている手術は、のど下からみぞおちまで大きく切開する「胸骨正中切開手術」(きょうこつせいちゅうせっかいじゅつ)だ。出血は多く、感染症も起こしやすく、胸骨を切るため入院期間も長引きやすい。

zakスペシャル

ランキング

  1. 西側諸国「6月反攻」に秘密兵器 ゼレンスキー大統領、東部苦戦に「装備の差」主張 これまでで最も殺傷力が高い榴弾砲供与か 「8月までは一進一退」識者

  2. 露デフォルトほぼ確定、戦争継続困難に 年内に2540億円もの支払い 海外から国債による資金、ハイテク部品も調達できず

  3. 【日本の核戦略】核シェアリングの方法(上) 中国の核恫喝が現実に…日本の政治家はもはや逃げ回れない 「核を持ち込めば、敵の核に狙われる」は無知な議論

  4. ビニ本販売で「まんだらけ」摘発 「芸術としてのエロスと捉えていた」社長ら5人書類送検、1440万円売り上げ 昨年には風営法違反も

  5. 習主席が墓穴!空母威嚇が裏目に バイデン大統領「台湾防衛」を明言 「『第2のウクライナにはさせない』決意の現れ」識者

  6. 【小池百合子 強く、そしてしなやかに】若者に浸透した安全保障のリアル 「ウクライナ侵攻」で脅かされる食料、エネルギー…自然災害にも目

  7. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字

  8. 【ニュースの核心】米が構築「新しい戦争のかたち」 武器弾薬を提供し実際に戦うのは現地軍 台湾防衛「あいまい戦略」修正も中国抑止へ「憲法改正」は不可欠

  9. 阪神、佐々木朗希に“エース回避作戦”大成功 負ければ自力V消滅の可能性もミラクル起こす セ・パ交流戦

  10. 【最新国防ファイル】陸自唯一の機甲師団「第7師団」 ロシアが仮想敵のずば抜けた戦闘力 いまは領土防衛のため機動展開の部隊に変革