ぶらり、ぶんがく。本と歩く

世のための「道」模索し民に慕われる武蔵が地元民と交流した作者と重なる 吉川英治『宮本武蔵』 青梅市・吉川英治記念館2/2ページ

求道者である武蔵自身も迷ったり苦しんだりするし、周囲の人物の功名心や嫉妬心、ずるさといった感情も生々しく描かれていて、これぞ大衆小説、という感じ。なにより斬り合いの場面が抜群に面白い。死を覚悟して向き合う緊張感。宙を舞う刀のきらめき。

〈彼の手にはいつか、二つの剣が持たれていた〉

吉川が戦時中に暮らした東京・青梅市の家が、いま記念館として公開されている。関東平野のはずれ、奥多摩へ向かう街道の両側に山々が迫る。自然豊かな土地に、もとは養蚕農家だったという大きな建物が残る。

庭に面した広間の、一番明るい一角に、執筆に使っていた座敷机が置かれている。大河ドラマにもなった『新・平家物語』はここで書かれた。説明文によると、吉川は終戦直後に約2年間、筆を絶っていた。一方で住民との深い交流が生まれ、俳句の指導をしたり公民館建設に尽力したりしていたそうだ。地元の人と交流する吉川の写真がたくさん展示されていた。

ひたすら強さを目指していた武蔵は、そのうち、世のためになる「道」を模索していく。民に慕われる武蔵の姿と、笑顔で写っている吉川を、つい重ねてしまった。 (阿蘇望)

■青梅市吉川英治記念館 東京都青梅市柚木町1の101の1

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 徴用工問題の「皮算用」 韓国、参院選後に妥協案取り付け画策 岸田政権を軽視?「『日本国内の世論を気にせず…』と侮っている」

  2. 〝第7波襲来〟か 東京でコロナ感染倍増、全国でも1・8倍のハイペース 観光支援の先送り示唆 問われる政府と自治体の姿勢

  3. 大谷vsアルバレス〝一騎打ち〟球宴最終投票スタート メジャー最大注目、DH部門の行方 スター性では大谷に軍配

  4. よくぞ言った!江口のりこがぶっちゃけたテレビのタブー「番宣出演は意味がない」

  5. 【エロス&バイオレンスの極み 石井隆の世界】闘病生活の根津甚八を引っ張り出し…涙なくして語れない、一度限りのスクリーン復帰 「GONIN/サーガ」

  6. 朝ドラヒロイン候補に森七菜と上白石萌歌が急上昇 小芝風花や今田美桜の名前も 「ブギの女王」歌手・笠置シヅ子がモデル、来秋スタート『東京ブギウギ』

  7. 【日本の解き方】歴史的転換期迎えたNATO、中国とロシアへの懸念を明示 北大西洋地域を超え「アジア版」に拡大する戦略も

  8. 68兆円没収、プーチン大統領ら資産を復興資金に ウクライナ首相が要請「甚大な被害の責任は彼らに負わせるべき」

  9. 【日本の選択】参院選、与野党とも緊張感が欠けているのでは 「野党の話は聞かない」山際再生相の発言、旧態依然の「憲法9条論」語る護憲派野党

  10. 交番で包丁突き付け、28歳の女逮捕 同僚警察官2人が拳銃構え警告 静岡・富士市

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ