心臓病ロボット手術最前線

ロボット支援下での手術の利点 出血わずか40cc、痛みも少なく回復早い2/3ページ

簡単にいうと、細長い棒のような胸腔鏡の先端にビデオカメラが付き、内部の状況をモニターで見ながら別の特殊な医療機器で手術を行う。ビデオカメラが3D画像になったことで、僧帽弁形成術や弁置換術のMICSは行いやすくなった。しかも、切開が4センチ程度まで小さくなり、患者の術後の回復も早くなったといわれている。

「4センチの切開よりも、4つのキーホールのダビンチ手術ならば1センチ程度の傷が4つで済みます。出血も少なく、入院期間も短い。小切開術とダヴィンチは全く違うといってもいいでしょう」

ダヴィンチは、医師が高解像度の3D画像を見ながら、ロボットアームを遠隔操作する。医療機器の先端は360度回転するなど、人の指先では実現できない動きを可能としている。糸を縫うときの手振れもなく、技術面に優れた医師が扱うと、自由自在にロボットアームを動かすことができる。

結果として、手術時間はMICSより短く、患者の回復も早い。ただし、国内のロボット支援下手術に問題がないわけではない。僧帽弁のダヴィンチ手術でいえば、4つのキーホールで行っている医療機関がほとんどないのだ。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 〝史上最悪〟KDDI通信障害、賠償額は!? 48時間以上続く異例の事態に「危うさ」浮き彫り 再発リスク・補償・自衛策あるか

  2. ジャガー横田一家に「親のしつけが悪すぎる」の声 長男の「寮母の飯がマズイ」発言が物議、夫・木下氏の対応にも批判

  3. 徴用工めぐる官民協議体、韓国できょう初会合 日韓両国の企業や個人の拠出で基金設立案も

  4. 日本との関係改善の前に韓国は「竹島侵略」の謝罪と償いを ルール無視継続なら「経済制裁」辞さず 大原浩氏が緊急寄稿

  5. 【沖縄が危ない!】「基地反対」叫ぶだけでは平和は来ない! 厳粛な慰霊の場を政治利用するな 来賓の岸田首相が登壇すると「帰れ」「辺野古の海を守れ」と罵声

  6. 【マンション業界の秘密】要注意!高い物件をペアローンで買うリスク 今は結婚した3組に1組が離婚する時代、完済前に訪れる困難

  7. 紅白出場の人気女性歌手に薬物疑惑 コロナ禍、クスリにハマる芸能人が増加 「激やせ」がネット上で話題になることも

  8. メジャー帰りの野手苦戦 広島加入の秋山翔吾は輝き取り戻せるか 2軍戦に出場、3打数無安打

  9. 戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー

  10. 中国挑発エスカレート 80日連続で尖閣周辺航行 習主席「政権3期目」狙い実績アピールか

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ