凄腕アナリスト ザ・覆面

サウジ系ファンドの買いが起爆剤…「ネクソン」異彩高 日米市場は乱高下 「アラド戦記モバイル」年内配信へ1/2ページ

ウクライナに侵攻したロシアへの日米欧による経済制裁を受けて、世界経済への悪影響が懸念されている。ロシア企業のデフォルト・リスクから新たな不良債権が発生するとの警戒感も高まる。これに米国のインフレ抑制のための利上げ問題も絡んで、日米株式市場は乱高下。今週末11日の東京市場はメジャーSQ(特別清算指数算出)を控え、指数先物取引の動向をにらんだ神経質な展開が予想される。

物色的には3月末の配当権利取りをにらんで大手海運株や鉄鋼株、国際商品市況の上昇から非鉄関連株が人気化している。そんななか、異彩高を演じているのが、オンラインゲーム開発・配信の「ネクソン」(3659)だ。

昨年10月安値1666円からの反発局面で付けた11月の戻り高値2635円を3月に入り更新。数ある上場ゲーム株の中でも独歩高を演じている。

その背景にあったのが2月21日に開示された5%ルール(大量保有報告書)で、パブリック・インベストメント・ファンドの株式保有比率が5・02%から6・03%に増加したことだ。

パブリック―はサウジアラビアの政府系ファンドで、ビデオゲーム業界への投資を進めており、米国のアクティビジョン・ブリザードやエレクトロニック・アーツ(EA)、テイクツー・インタラクティブ・ソフトウエアなどに投資。韓国KOSDAQに上場する日本のゲームメーカーSNKの筆頭株主にもなっている。原油市況の上昇でこの先「オイルマネー」の動向も話題となりそうで、ネクソンには買い増しの思惑が働きやすくなっている。

zakスペシャル

ランキング

  1. 【ニュースの核心】「対中前線基地化」要求か バイデン大統領が日韓歴訪 親中派・林外相の「二股路線」に釘、媚び売ってる場合ではない岸田政権

  2. 4630万円誤送金の田口翔容疑者、阿武町役場をプライバシー侵害で提訴する可能性も

  3. DAIGO“政界進出”あるか 芸能界一の好感度、最近話題の暴露系ユーチューバーも人柄の良さを称賛 本人は「120%ないです」

  4. 【日本の誇り 安倍晋三】防衛費大幅増で自国守る「意思」示せ! バイデン大統領来日 韓国、安保で認識一致も竹島調査船は残念 日銀「子会社」発言は比喩的な表現

  5. 【今からできる年金+10万円生活】早朝案件は狙い目! 定年退職後の「ハローワークでアルバイト探し」 年金プラス〝手堅い〟収入

  6. 【オヤジのためのサッカー塾】長谷部誠 EL優勝クラブ・フランクフルトの主将が日本人なのは誇り

  7. いしだ壱成、3人の女性からアプローチで〝モテ期〟告白 赤裸々なサービストーク展開で注目

  8. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  9. 後継者出現!プーチン氏〝退陣Xデー〟間近か 重病、クーデター説も 複数の諜報機関が暗闘 「数カ月後に大統領選の可能性」識者

  10. 【5月病より深刻!? 休みボケ徹底解消術】頭や体が思うように動かない…潜むうつ病を見逃すな 「おかしいな」と思ったら早めの受診を