トラとら虎

守護神候補ケラー来日も…首脳陣は焦りすぎ? 球団OBも楽観的な見方にクギ1/1ページ

矢野監督はまだケラーが投げる姿を見ていない
矢野監督はまだケラーが投げる姿を見ていない

阪神が新ストッパーと期待する前パイレーツの右腕カイル・ケラー投手(28)は、新型コロナウイルスの水際対策の緩和により、6日に来日した。朗報を受けて首脳陣が「開幕に間に合う可能性がある」と当て込む気持ちは分かるが、ちょっと焦りすぎではないか。

そもそもキャンプ不参加のため、誰ひとりナマの投球を見ていない。投球の映像は見たというが、実際とでは誤差が生じるのが普通だろう。「ましてやストッパーには無駄な四球を出さない制球力、クイック投法、牽制球やバント処理のうまさなどが求められる。そんな要素をパスして初めて合格ではないのか」と球団OBも楽観的な見方にクギを刺す。

昨年まで2年連続セーブ王と絶対的な抑えだったロベルト・スアレス投手(現パドレス)には、阪神入りの前にソフトバンクで中継ぎの実績があった。首脳陣も実際の投球を見ているから正当な評価を下せた。ケラー獲得の経緯とは違うのである。

新守護神の持ち味は193センチの長身から投げ下ろす最速157キロの速球というが、昨年の成績を見る限り安定感に欠けるのも気にかかる。32試合登板で防御率6・48はいくらなんでも悪すぎる。「原因は球種が少なく、単調になるからだろう。そこそこ球威はあるから投球回数と同じほど三振を取る代わりに同じほど四球を出すのは抑えとしてどうか」と先のOBは気がかりな材料も指摘している。

矢野監督はケラーが抑え失格の最悪の事態に備え、左腕中継ぎの岩崎を代役に指名しているが、1月の自主トレ中に新型コロナ陽性となり、調整が大幅に遅れた影響で実戦にはまだ未登板である。

どうも今季のストッパー問題にはコロナ禍絡みの受難が続く。不吉の前触れでなければいいのだが…。 (スポーツライター)

zakスペシャル

ランキング

  1. 【ニュースの核心】「対中前線基地化」要求か バイデン大統領が日韓歴訪 親中派・林外相の「二股路線」に釘、媚び売ってる場合ではない岸田政権

  2. 4630万円誤送金の田口翔容疑者、阿武町役場をプライバシー侵害で提訴する可能性も

  3. DAIGO“政界進出”あるか 芸能界一の好感度、最近話題の暴露系ユーチューバーも人柄の良さを称賛 本人は「120%ないです」

  4. 【日本の誇り 安倍晋三】防衛費大幅増で自国守る「意思」示せ! バイデン大統領来日 韓国、安保で認識一致も竹島調査船は残念 日銀「子会社」発言は比喩的な表現

  5. 【今からできる年金+10万円生活】早朝案件は狙い目! 定年退職後の「ハローワークでアルバイト探し」 年金プラス〝手堅い〟収入

  6. 【オヤジのためのサッカー塾】長谷部誠 EL優勝クラブ・フランクフルトの主将が日本人なのは誇り

  7. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  8. いしだ壱成、3人の女性からアプローチで〝モテ期〟告白 赤裸々なサービストーク展開で注目

  9. 後継者出現!プーチン氏〝退陣Xデー〟間近か 重病、クーデター説も 複数の諜報機関が暗闘 「数カ月後に大統領選の可能性」識者

  10. ロシア艦また炎上、ウクライナ軍の反撃が加速か オデッサ沖で複数撃破 軍用機200機を撃墜で航空戦力も損傷