ニッポン放送・飯田浩司のそこまで言うか!

世界各国が大転換! 日本も「安全保障戦略」考え直すとき ウクライナ侵攻、ロシアどう定義するか議論を1/2ページ

岸田首相は、北海道の陸上自衛隊を増強するのか
岸田首相は、北海道の陸上自衛隊を増強するのか

ロシアのウクライナ侵攻を受けて、世界各国の「安全保障方針の大転換」が相次いでいます。

スウェーデンは、1939年のソ連によるフィンランド侵攻以来、紛争当事国への武器供与をウクライナに行うことを発表しました。NATO(北大西洋条約機構)非加盟のフィンランドも、戦後の中立政策を転換して、ウクライナへの武器供与を表明しました。

昨年政権が交代したドイツは劇的です。マルティン・シュルツ首相の社会民主党(SPD)は、西ドイツ時代の東方外交以来、「対ソ、対露融和的」とみられていましたが方針転換しました。メルケル前政権が16年余りかけて築いた「独露蜜月」をひっくり返し、ロシア産の天然ガスを運ぶパイプライン「ノルドストリーム2」の承認を停止しました。事業会社の破産手続きまで現実味を帯びてきました。

従来は「今年中の脱原発」を目指していましたが、経済・気候変動相は「原発稼働延長を検討している」と明かしました。ショルツ氏は、国防費について米国が求め続けてきたGDP(国内総生産)比2%を超える大幅増を表明しました。

岸田首相
岸田首相

ロシアの暴挙が、周辺国の対露認識を一変させたわけです。

では、日本はどうでしょうか。わが国も北方でロシアと対峙(たいじ)する周辺国です。欧州各国と同様、戦略の大転換があってもおかしくありません。折しも、今年は2013年以来の「国家安全保障戦略の見直し」が予定されています。

zakスペシャル

ランキング

  1. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】古舘伊知郎が見た〝伝説の一夜〟 井上陽水と玉置浩二、大御所2人を「黒子」にさせた中森明菜のすごみ

  2. 【大鶴義丹 やっぱりOUTだぜ!!】俳優にとって一番の恐怖…体が動く限り続く〝終わりのないゲーム〟 お金や名声入るが気持ちは満たされない

  3. 韓国で早くも「反日」暴挙 林外相の訪韓中に竹島EEZで無断調査 地下構造や資源探査か 「尹大統領は決して“親日”ではない」

  4. 新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目

  5. ロシア“非人道兵器”使用か マリウポリの製鉄所に「白リン弾」降り注ぎ…プーチン大統領に重病説、追い詰められ残虐さ加速?

  6. 安保環境の激変で大転換 日本学術会議「軍民両用」研究を否定せず 年間10億円の血税投入「浮世離れ」組織、民営化案浮上で目くらましか

  7. “制裁金よりダメージ” 朗希への白井球審の詰め寄り問題以降、ロッテと関西審判団の深まる遺恨 井口監督とレアードも退場に

  8. エンゼルスの戦力ランク5位にUP! 大谷翔平が契約で求めたチームに変貌中 気になるのは同地区の最大のライバル、アストロズも絶好調

  9. 【日本の解き方】「世界標準」になった金融政策、内外の安保環境も激変したが…進歩なき一部野党とマスコミ

  10. 【そういうことだろ~】Jリーグ30年目迎えるも〝オワコン危機〟 「浦和が正真正銘のビッグクラブにならなきゃダメ」