TV視てますか?

成田凌ふんする医師の藤木が聞く70年代ヒットソング 意味ありげな選曲にヘンにあれこれ考えさせる「逃亡医F」1/2ページ

成田凌
成田凌

日本テレビ系の土曜ドラマ『逃亡医F』は5日の第8話から「反撃編」に入ったが、7話までを見たかぎり、戸惑いも感じている。

「逃亡医」と聞けば、1964年の東京五輪の頃から約3年間にわたってTBS系で土曜夜8時台に放送されていた海外ドラマ『逃亡者』が想起される。

今回は同名コミックのドラマ化で、成田凌ふんする医師の藤木が恋人(桜庭ななみ)殺しの容疑で全国指名手配される。成田をジェラード警部のように執拗(しつよう)に追うのは、桜庭の兄で元自衛官の松岡昌宏。成田は天才外科医で、しかも「医手一律」が信条。逃亡中でも目の前に患者がいれば、ありあわせの道具を使ってオペも辞さない。モチーフは『逃亡者』だが、毎週の〈見どころ〉がオペ場面なのは『ドクターX』にやや近い。

成田は70年代ヒットソングのカセットテープをヘッドホンで聞きながらオペに臨む。南沙織「早春の港」「純潔」など、本作の〈聞きどころ〉でもある。

zakスペシャル

ランキング

  1. バイデン大統領のアジア歴訪を韓国が悪用!? ケジメなき「反日」暴挙問題の棚上げ画策も 「対北政策を利用し『告げ口外交』か」識者

  2. 【艶グラドル】林凛「女子大生7年目です」 セクシーポイントは「長身からの長い脚」

  3. 中国〝恫喝体質〟また露呈 王毅外相「日本は火中の栗を拾うな」 日中外相会談の同日、爆撃機が沖縄飛行

  4. 4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」

  5. 文在寅派、支持率ガタ減り…「性犯罪日常化政党」との指弾も 韓国で依然根強い「反日左翼」勢力 与党は6月統一地方選で大勝か

  6. 乙武洋匡氏、今夏の参院選出馬へ 大激戦の東京選挙区 水道橋博士も「れいわ新選組」から出馬表明 「スポーツ報知」報道

  7. 自民・高市政調会長、決然と批判! 韓国の竹島調査疑惑「外交儀礼上、問題がある」

  8. 後継者出現!プーチン氏〝退陣Xデー〟間近か 重病、クーデター説も 複数の諜報機関が暗闘 「数カ月後に大統領選の可能性」識者

  9. 米、対北の「あらゆる不測の事態に備えている」 バイデン大統領の日韓歴訪中に核実験、ICBM発射の可能性指摘