新発想 2重振り子スイング

正しく手を「振る」練習 「インパクトのとき、手は体の正面ではなく、体の右側にあるのが正解」1/2ページ

【新発想 2重振り子スイング】正しく手を「振る」練習 「インパクトのとき、手は体の正面ではなく、体の右側にあるのが正解」
【新発想 2重振り子スイング】正しく手を「振る」練習 「インパクトのとき、手は体の正面ではなく、体の右側にあるのが正解」
その他の写真を見る (1/4枚)

「インパクトのとき、手は体の正面ではなく、体の右側にあるのが正解」というと、ほとんどのゴルファーが驚くわけですが、実際、プロや上級者で、インパクトのとき手を体の正面に持ってきている人は一人もいません。体が回っているので手が正面に来ているように見えますが、全員、手は体の右側にあります。このことからもわかるように、「振る」の本当の動きは、手を体の右側で下ろすことになります。

そしてここからは、クラブを引き上げる動きに入ります(写真❶~❸)。

「クラブを横に振る」というイメージが強い人にとっては、「引き上げろ」といわれてもピンとこないでしょう。また、運動の方向が大きく変わるようで納得いかない人もいるかもしれません。しかし、スイングは体の回転がともなうので、上から下への運動方向が、体の向きが変わることで上向きの動きになってもほとんど違和感はありません。やってみるとわかると思いますが、一連の流れとしてとらえられるものです。

スイングでは、よく「振り抜く」という言葉が使われますが、これこそがインパクト後に手を斜め上に上げていく動き。つまり、インパクトまでは「振る」、そのあと「振り抜く」動きになるわけです。

この「上から下(ダウンスイング)&下から上(インパクト~フォロースルー)」ということからいうと、ハンドファーストで打つために手元を前に押し出す(同❹)というのも間違った動きになります。

zakスペシャル

ランキング

  1. 国連で動き出した「新・悪の枢軸」 中露の拒否権で北朝鮮の制裁決議が否決 安保理〝機能不全〟また露呈 「ファシズム化は続く」識者

  2. 【大前研一のニュース時評】ルノーなど「ロシア完全撤退」でバッシング回避 一方でそのままの企業も…中国やインドの企業は〝知らん顔〟

  3. 【メジャーの旅】後を絶たないMLBの人種差別 かつてイチローも身の危険を感じ「聞きたくない言葉浴びせられた」と回想

  4. 感染拡大続く北朝鮮 脆弱な医療体制で高齢者、妊婦、児童らにしわ寄せ

  5. 坂本一生が驚きの「変身」ぶり 金髪に真っ黒日焼け肌…プロレスラーのような肉体に

  6. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字

  7. バイデン政権は本当に頼りになるか? 「核の傘」は幻想、中露北「核保有国」と向き合う日本「自立」の好機! 大原浩氏が緊急寄稿

  8. 西側諸国「6月反攻」に秘密兵器 ゼレンスキー大統領、東部苦戦に「装備の差」主張 これまでで最も殺傷力が高い榴弾砲供与か 「8月までは一進一退」識者

  9. 習主席が墓穴!空母威嚇が裏目に バイデン大統領「台湾防衛」を明言 「『第2のウクライナにはさせない』決意の現れ」識者

  10. 【芸能ニュース舞台裏】小山田圭吾、英語の復帰文書新鮮だが…テレビ登場にはまだ遠く 記憶に新しい東京五輪開会式前の辞任騒動