心臓病ロボット手術最前線

負担をかけない冠動脈バイパス術を模索 「ダヴィンチ」の積極的活用で低侵襲の心臓手術の発展を後押し1/3ページ

いちはやくダヴィンチを導入した渡邊医師
いちはやくダヴィンチを導入した渡邊医師

心筋梗塞の発症リスクは、一般的にメタボリックシンドロームや生活習慣病などで悪化する。医学が進歩したとはいえ、急性心筋梗塞で年間3万人以上が亡くなっている(厚労省「2020 人口動態統計」)。そうした心筋梗塞の手術でも、現在、ロボット支援下手術(ダヴィンチ)が保険適用外(自費診療)で行われ、力を発揮している。

「もともと私自身が、ロボット支援下手術に取り組んだきっかけが、心筋梗塞の冠動脈バイパス術での活用を考えたことにあります」

渡邊医師
渡邊医師

こう話すのは、ニューハート・ワタナベ国際病院(東京都杉並区)の渡邊剛総長。2005年に日本で初めてダヴィンチによる心臓手術を行った。そのときの手術が冠動脈バイパス術だった。

「ご高齢の方の合併症を減らすため、人工心肺を用いない小切開のオフポンプ手術(MIDCAB)を1993年に日本で初めて行うなど、いかに低侵襲手術を実現するか、いろいろな方法を考えていました。その延長線上に、ダヴィンチがあったのです」

心筋梗塞は、心臓の要の太い血管・冠動脈3本のいずれかが詰まり、血流が止まって心筋が壊死すると心不全になる。詰まった血管の血流を再開するカテーテル治療もあるが、冠動脈が3本、あるいは、数カ所も詰まった状態では手術が適応になる。詰まった血管の代わりに、胸などから動脈を取ってきて橋渡しとして再建し血流を蘇らせる。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】全選挙区122人「女の戦い」 猛追する東京・海老沢氏 踏ん張る大阪・松川氏 知名度で自民に追いつくか愛媛・高見氏 政治ジャーナリスト分析

  2. AV新法成立でも終わらぬ議論 知識人4人が考える「AVの今と未来」

  3. 【大前研一のニュース時評】NTTグループの画期的な働き方の新制度 勤務場所は原則自宅、本社に呼ばれたら出張扱い

  4. 【2022年夏・参院選】激戦!有名候補も危ない!? 首都圏・近畿圏13選挙区当落 東京、残る1議席を争う3氏 政治評論家・有馬晴海氏が情勢分析

  5. パドレス退団の秋山翔吾、古巣の西武には戻りづらい? 「自分が戻ることで、面白くないと思う人がいるんじゃないか」

  6. 【軍事のツボ】特別版10 従来の常識を覆すウクライナ戦争からみえてきたこと

  7. 【日本の解き方】ロシアのウクライナ侵攻が「終結」するシナリオはあるのか 甘受せざるを得なくなる米国の支援次第という現実

  8. 【保守とリベラル】参院選後、岸田首相への注文 世論に過度に迎合することなく抜本的改革を! 憲法改正、外交で安倍元首相の活用も

  9. 実はスゴい日本の「石炭火力発電」 発電効率の向上と低炭素化、最高水準の微粒子燃焼方式 識者も「世界が日本頼みになるのでは」の見方

  10. 【芸能ニュース舞台裏】歌えるうちに辞める加山雄三、活動休止の波紋 スタッフは新たな「職場」探しに…サザンのライブが業界全体を活性化へ

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ