春の歌曲たっぷり〝マジメすぎない〟コンサート ひなまつりコンサート! ソリストをキャストに…オペラ「聖徳太子」今秋再演 深見氏の美声に酔う1/2ページ

デュエットする深見東州氏(右)と大貫裕子氏
デュエットする深見東州氏(右)と大貫裕子氏

2日、オペラ歌手の深見東州氏(本名・半田晴久)がウェスティンホテル東京で「ひなまつりコンサート!(ライトクラシカルコンサート)」を開催した。聴衆は深見氏のほか、7人のソリストの歌唱や30人のオーケストラの演奏を堪能した。

予備校「みすず学苑」の学苑長であり、時計店「HANDA Watch World」8店舗を展開する実業家であり、国内外でゴルフ大会を多く開催、支援するISPS(国際スポーツ振興協会)の会長である半田晴久氏は、(本紙読者には今さら説明不要かもしれないが)芸術家の深見東州としての顔も持つ。3月2日の「ひなまつりコンサート!(ライトクラシカルコンサート)」では、バリトンのオペラ歌手として、舞台に立った。

コンサートのラストに、振り付きで「メタボの雀」を歌う8人のソリスト
コンサートのラストに、振り付きで「メタボの雀」を歌う8人のソリスト

幕開けは「サライ」。30人のオーケストラの演奏による深見氏の単独歌唱と、ほかの7人のソリストも含めた圧巻の合唱で、聴衆を一気に引き込む。続いては、深見氏が20年前に総合プロデューサーを務め、主役を演じたオペラ「聖徳太子」から、深見氏やソリストが次々に7曲を歌唱。深見氏からはこのソリストたちをキャストに迎えて、オペラ「聖徳太子」が今秋、再演されることが明らかにされた。

深見氏がコンサート合間のMCで「クラシックはマジメすぎる」と繰り返したように、この日のテーマは「より手軽であること」だった。日本のポップスや「ひなまつり」に続いては、アグスティン・ララ作曲のポップナンバー「グラナダ」。難しい曲としても知られるこの有名曲を深見氏が歌い上げて、前半を締めた。

zakスペシャル

ランキング

  1. 【ニュースの核心】米が構築「新しい戦争のかたち」 武器弾薬を提供し実際に戦うのは現地軍 台湾防衛「あいまい戦略」修正も中国抑止へ「憲法改正」は不可欠

  2. 露デフォルトほぼ確定、戦争継続困難に 年内に2540億円もの支払い 海外から国債による資金、ハイテク部品も調達できず

  3. 運営スタッフとアイドルの〝ただならぬ関係〟 同じ感覚が共感できるおいしいポジションだが…怖い色恋やマクラ営業タイプ

  4. 『ちむどんどん』 当初の設定は“4姉妹”、家族に迷惑かける兄は企画になかった

  5. 【日本の解き方】クアッドで対中包囲網進むか 米国はIPEFで新たな展開、韓国などアジア巻き込む狙い

  6. 藤森慎吾、破局理由は他にもあった!? 元カノ・田中みな実の“未練”発言も影響か

  7. 【体が警告! 背中の痛みに潜む病気】「肝がん」中年期の脂肪肝解消で明暗 肝硬変と背中の痛みの関係とは

  8. 習主席が墓穴!空母威嚇が裏目に バイデン大統領「台湾防衛」を明言 「『第2のウクライナにはさせない』決意の現れ」識者

  9. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字

  10. 【オヤジのためのサッカー塾】初代表のDF伊藤洋輝ってどんな選手? ドイツで急成長!!「守備」に注目、欧州リーグの一流と謙遜ないプレー