米英が警告、化学兵器使用で“大量毒殺” ロシア「米がウクライナで兵器開発支援」の偽情報でっち上げ!「民間人にさらに多くの犠牲者」の懸念1/3ページ

シリアの首都ダマスカスにあるプーチン露大統領の巨大な広告板。露側はシリアでウクライナに投入する外国人戦闘員の採用をしている(AP)
シリアの首都ダマスカスにあるプーチン露大統領の巨大な広告板。露側はシリアでウクライナに投入する外国人戦闘員の採用をしている(AP)

ウラジーミル・プーチン大統領率いるロシアによるウクライナ侵攻が、新たな局面を迎えつつある。ロシア軍による首都キエフへの総攻撃が近づくなか、米英両国が「ロシアによる化学兵器や生物兵器の使用」に警告を発しているのだ。残虐・卑劣な化学・生物兵器の使用は、国際人道法で禁止されている。ロシアと同盟関係にあるシリアの内戦では2013年以降、アサド政権による化学兵器使用が国際機関によって確認されている。海外メディアは、西側諸国を非難して化学兵器使用の口実をでっち上げる「偽旗作戦」の可能性も指摘する。ウクライナ国民の苦しみを、これ以上、増やしていいのか。

「化学兵器を使用する恐れがあり、深く懸念している」「ロシアは過去の紛争で使ってきた」

英国のエリザベス・トラス外相は、米CNNの取材にこう指摘した。

米国のジェン・サキ大統領報道官も9日、ツイッターで「ロシアがウクライナで化学兵器や生物兵器を使う可能性に警戒する必要がある」と訴えた。ロシアがロシア反体制派、アレクセイ・ナワリヌイ氏に対し、化学兵器の一種の神経剤「ノビチョク」で毒殺を図ったり、化学兵器使用を繰り返したシリアのアサド政権を支えたりしてきたと主張した。

シリア内戦では、神経剤サリンや塩素ガスが使用された。子供や女性など民間人に多くの犠牲者が出たとされる。

zakスペシャル

ランキング

  1. 【ニュースの核心】「対中前線基地化」要求か バイデン大統領が日韓歴訪 親中派・林外相の「二股路線」に釘、媚び売ってる場合ではない岸田政権

  2. 4630万円誤送金の田口翔容疑者、阿武町役場をプライバシー侵害で提訴する可能性も

  3. DAIGO“政界進出”あるか 芸能界一の好感度、最近話題の暴露系ユーチューバーも人柄の良さを称賛 本人は「120%ないです」

  4. 【日本の誇り 安倍晋三】防衛費大幅増で自国守る「意思」示せ! バイデン大統領来日 韓国、安保で認識一致も竹島調査船は残念 日銀「子会社」発言は比喩的な表現

  5. 【オヤジのためのサッカー塾】長谷部誠 EL優勝クラブ・フランクフルトの主将が日本人なのは誇り

  6. 【今からできる年金+10万円生活】早朝案件は狙い目! 定年退職後の「ハローワークでアルバイト探し」 年金プラス〝手堅い〟収入

  7. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  8. いしだ壱成、3人の女性からアプローチで〝モテ期〟告白 赤裸々なサービストーク展開で注目

  9. 後継者出現!プーチン氏〝退陣Xデー〟間近か 重病、クーデター説も 複数の諜報機関が暗闘 「数カ月後に大統領選の可能性」識者

  10. ロシア艦また炎上、ウクライナ軍の反撃が加速か オデッサ沖で複数撃破 軍用機200機を撃墜で航空戦力も損傷