「帰宅困難」になったときのために備えておくモノ 睡眠用アイマスクや耳栓も重宝 コロナ禍で得たノウハウ生かす方法も 東日本大震災から11年1/2ページ

東日本大震災の際には多くの帰宅困難者が出た
東日本大震災の際には多くの帰宅困難者が出た

2011年3月11日の東日本大震災から11年。いまだ余震は続くうえ、近い将来に首都直下地震や南海トラフ巨大地震など大規模災害の発生も懸念される。都市部では、帰宅困難者対策や通勤時の混乱など課題も残るが、改めて災害への備えや発生後の心得を確認しておきたい。

昨年、最大震度5弱以上の地震を観測したのは10回。福島県沖では2月に最大震度6強、マグニチュード(M)7・3の揺れが起き、震災の余波が続いていることを改めて思い知らされた。10月7日に千葉県北西部を震源とするM5・9の地震や、12月には鹿児島県トカラ列島周辺でM6・1の地震も起きた。

今年に入って震度5弱以上の地震は今月7日時点で2回。震度3以上は東京、大阪の都市圏に近い震源を含む列島各地で26回発生しており、警戒は緩められない。

災害史に詳しい立命館大学環太平洋文明研究センターの高橋学特任教授は「今月に入り、能登地方で小さな地震が連日発生しており、福井から秋田方面まで日本海側地域が注意が必要だ。関西では紀伊水道の地震もみられ、南海トラフの流れの一つとみていい。神奈川県東部や東京湾岸でも小さい揺れが確認されている」と指摘する。

パプアニューギニア北岸やトンガ沖では火山の大規模噴火も起きた。

「いずれも太平洋プレートの活発化という遠因は共通している。国内3つのエリアでは今後は大きい地震に注意が必要だ」と高橋氏。

zakスペシャル

ランキング

  1. 国会議員や上場企業社長の報酬は一体いくら? 細田衆院議長「100万円しか」発言で物議 非難相次ぐ「外れすぎた市民感覚」の実態

  2. 依存度高い日本は大丈夫か 「インターネットエクスプローラー」6月16日サポート終了で 移行措置「完了」16% マイクロソフトも注意呼び掛け

  3. 【芸能ニュース舞台裏】手越祐也、手がけた脱毛サロンが全店閉店 テレビ復帰模索も道は険しく「代わりはもういる」の声

  4. 【芸能ニュース舞台裏】YouTubeでウハウハ!?毎度お騒がせの華原朋美、子供に1600万円のフェラーリを買える驚きの財力

  5. 【メジャーの旅】〝大谷効果〟で二刀流ばやり? 今季限りで引退表明、プホルスも投手デビュー!

  6. 北朝鮮でコロナ猛威、脆弱な医療体制と怪しい薬 治療法わからず過剰服用で死亡者も フリーライター・金正太郎氏がリポート

  7. プーチン氏の「カネ」知る大富豪〝怪死〟 裏切り者を口封じか 妻と娘と無理心中、一家心中、霊媒師宅の地下室で死亡…すでに8人

  8. 中国など「日本包囲」鮮明、岸田外交に試練 ガス田開発、東シナ海に構造物設置の動き 韓国、ロシア…周辺国の圧力強まる

  9. 【有本香の以読制毒】なんとバカげたことを…小池知事、太陽光パネル設置条例 東京が「ウイグル人強制労働に加担」する街に

  10. 【シリーズ映画ヒットの裏側】世界中が絶叫したホラーの大傑作 オカルトブーム巻き起こした「エクソシスト」 監督を一躍スターダムへ導いた「ハロウィン」