世界大戦化する〝サイバー戦争〟 国際ハッカー集団「アノニマス」や義勇兵がロシア攻撃 中国「ファーウェイ」は支援の動きも2/2ページ

ベラルーシの反体制ハッカー集団「サイバー・パルチザン」もロシア攻撃に参加しているというが、どれほどの効果があるのか。

軍事ジャーナリストの黒井文太郎氏は「アノニマスは成果を誇示することで知られるが、テレビのハッキングは嫌がらせ程度とみるべきだろう。鉄道を停止させたり、インフラを止めるなどの能力があるかは分からないが、成功したとしても表に出ない可能性もある」と解説する。

これに対し、身代金要求型ウイルスのランサムウェアを使う犯罪集団「コンティ」が全面的なロシア支援を表明した。英デーリー・メールは今月7日、サイバー攻撃されたロシアのネットワークを安定させるため中国通信機器大手「華為技術(ファーウェイ)」が支援していると報じた。

サイバー戦争の行方について、黒井氏は「ロシアは連邦保安庁(FSB)や連邦軍参謀本部情報総局(GRU)が総力で攻撃を仕掛けているはずだ。ただウクライナの通信などが停止していないことから、苦戦している可能性がある」と指摘した。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】あるぞ、大どんでん返し!東京・大阪〝14激戦区〟 優勢の自公与党、野党も必死の巻き返し ピンチの現職が相次ぎ鬼気迫る訴え

  2. 中国のふざけた妄言、尖閣周辺に侵入「日本の右翼漁船に対する法執行だ」 中露艦艇に弱腰の政府「参院選真っただ中の岸田政権を威嚇」識者

  3. ポスト和久田麻由子アナに浮上 「元東大ミスコン」堀菜保子アナ(27)の“大きな武器”

  4. 【日本の選択】麻生太郎氏と泉健太氏の発言を考える 絶対的に誤ってるとは言えない「弱肉強食」の認識 「どんな時でも対話」は単なる空理空論か

  5. 南北間の悲惨な事件「死の漂着」が文在寅氏を追い詰める 〝従北・左翼〟韓国前政権の「非人道性」が白日の下に フィクションでもファンタジーでもない事実

  6. 朝ドラヒロイン候補に森七菜と上白石萌歌が急上昇 小芝風花や今田美桜の名前も 「ブギの女王」歌手・笠置シヅ子がモデル、来秋スタート『東京ブギウギ』

  7. 徴用工問題の「皮算用」 韓国、参院選後に妥協案取り付け画策 岸田政権を軽視?「『日本国内の世論を気にせず…』と侮っている」

  8. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】CM曲はミリオン記録の絶大効果 明菜が味わった屈辱…担当者の「所属歌手だったのか」に失望も

  9. 「明石家紅白」で期待される〝SMAP雪解け〟 7年ぶりに香取慎吾と共演、木村派・さんまの仲介で「復活」の声

  10. よくぞ言った!江口のりこがぶっちゃけたテレビのタブー「番宣出演は意味がない」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ