國友公司 実録・人間劇場

トーキョー路上編(11) ホームレスと話し続けてきた地元の女性 首都高速6号向島線高架下での一幕1/2ページ

隅田川沿いの高架下から白髭橋(右奥)を眺める
隅田川沿いの高架下から白髭橋(右奥)を眺める

私が今暮らしているのは、隅田川沿いにある「首都高速6号向島線高架下」。そこから見える白髭橋をぼんやりと眺めながら1日が過ぎていく。最寄り駅の東武伊勢崎線「鐘ケ淵駅」からは徒歩17分。夜になると人通りはほとんどなく、ただただ静かで何もない時間が続く。

アウトリーチ(配って歩くタイプの炊き出し)をするボランティア団体にもらったお好み焼きを暗闇で食していると、ランニング中の女性(60代)が話しかけてきた。人通りのない真っ暗な道でいきなりホームレスに声をかけるなんて、なかなかの度胸である。

「あなた若いのにこんなところで何やってるのよ。ここにいる人たちはみんな人生捨てているのよ。何があったか知らないけど、すぐに出ていかないとそこの廃人と同じになってしまうわよ」

女性はそう言いながら私の15メートルほど先にいるホームレスを指さした。なかなか乱暴な決めつけであるが、確かに人生を捨ててしまっているようなホームレスはいるのだ。嫌な思いをして働くのはごめんだが、かといって生活保護を受けるまでの踏ん切りは付かない。その曖昧な気持ちのままなんとなく路上生活を続けているうちに、路上に一種の心地よさを感じてしまう。私は女性に言い返した。

「全員が全員廃人ってことはないんじゃないですか。やむを得ずっていうパターンだってあると思うんですよ。人に言わないだけで」

zakスペシャル

ランキング

  1. 国連で動き出した「新・悪の枢軸」 中露の拒否権で北朝鮮の制裁決議が否決 安保理〝機能不全〟また露呈 「ファシズム化は続く」識者

  2. 【大前研一のニュース時評】ルノーなど「ロシア完全撤退」でバッシング回避 一方でそのままの企業も…中国やインドの企業は〝知らん顔〟

  3. 【メジャーの旅】後を絶たないMLBの人種差別 かつてイチローも身の危険を感じ「聞きたくない言葉浴びせられた」と回想

  4. 感染拡大続く北朝鮮 脆弱な医療体制で高齢者、妊婦、児童らにしわ寄せ

  5. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字

  6. 坂本一生が驚きの「変身」ぶり 金髪に真っ黒日焼け肌…プロレスラーのような肉体に

  7. 西側諸国「6月反攻」に秘密兵器 ゼレンスキー大統領、東部苦戦に「装備の差」主張 これまでで最も殺傷力が高い榴弾砲供与か 「8月までは一進一退」識者

  8. バイデン政権は本当に頼りになるか? 「核の傘」は幻想、中露北「核保有国」と向き合う日本「自立」の好機! 大原浩氏が緊急寄稿

  9. 習主席が墓穴!空母威嚇が裏目に バイデン大統領「台湾防衛」を明言 「『第2のウクライナにはさせない』決意の現れ」識者

  10. 【芸能ニュース舞台裏】小山田圭吾、英語の復帰文書新鮮だが…テレビ登場にはまだ遠く 記憶に新しい東京五輪開会式前の辞任騒動