薬ものがたり

生活者の声に応えて改良「第一三共胃腸薬細粒s」(第一三共ヘルスケア)1/1ページ

「第一三共胃腸薬細粒s」(第一三共ヘルスケア)
「第一三共胃腸薬細粒s」(第一三共ヘルスケア)

胃腸薬を服用するとき、人によっては持病との関係で配合されている成分が気になる場合がある。たとえば、緑内障では、ロートエキスなど抗コリン作用のある成分が眼圧を上昇させるため、配合していると服用できない。

そうした人に支持されているのが、昨年8月にリニューアルした「第一三共胃腸薬細粒s」(第2類医薬品)。脂肪を分解する「リパーゼAP12」、糖質・タンパク質を分解する「タカヂアスターゼN1」、6種の健胃成分などは変わらないが、従来の成分からロートエキスを除くなど生活者の声に応えて改良したという。

「1957年の発売(当時・三共胃腸薬)以来、『第一三共胃腸薬」は家庭の常備薬として、多くの方にご利用いただいています。

一方、当社のお客さま相談室には、緑内障の方からロートエキスに関するお問い合わせも増加しました。より多くの方にご利用いただくために、処方を見直したのです」(第一三共ヘルスケア)

ロートエキスひとつを除くのは、簡単そうだが、他の成分との兼ね合いや服用感なども考慮しなければならず、一朝一夕にはできない。しかし、「第一三共胃腸薬」は、もともと塩分が気になる高血圧の人などに考慮し、制酸剤にナトリウムを使用しないなど、こだわった処方設計を半世紀以上も行っている。

「今回、分包ごとに使用期限を記載するなど、生活者の方がより利用しやすいよう、随所にこだわりリニューアルしました。小さなお子さまからご高齢の方まで、これからもご利用いただきたいと思います」(担当者)

zakスペシャル

ランキング

  1. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】古舘伊知郎が見た〝伝説の一夜〟 井上陽水と玉置浩二、大御所2人を「黒子」にさせた中森明菜のすごみ

  2. 【大鶴義丹 やっぱりOUTだぜ!!】俳優にとって一番の恐怖…体が動く限り続く〝終わりのないゲーム〟 お金や名声入るが気持ちは満たされない

  3. 韓国で早くも「反日」暴挙 林外相の訪韓中に竹島EEZで無断調査 地下構造や資源探査か 「尹大統領は決して“親日”ではない」

  4. 新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目

  5. ロシア“非人道兵器”使用か マリウポリの製鉄所に「白リン弾」降り注ぎ…プーチン大統領に重病説、追い詰められ残虐さ加速?

  6. 安保環境の激変で大転換 日本学術会議「軍民両用」研究を否定せず 年間10億円の血税投入「浮世離れ」組織、民営化案浮上で目くらましか

  7. エンゼルスの戦力ランク5位にUP! 大谷翔平が契約で求めたチームに変貌中 気になるのは同地区の最大のライバル、アストロズも絶好調

  8. “制裁金よりダメージ” 朗希への白井球審の詰め寄り問題以降、ロッテと関西審判団の深まる遺恨 井口監督とレアードも退場に

  9. 【そういうことだろ~】Jリーグ30年目迎えるも〝オワコン危機〟 「浦和が正真正銘のビッグクラブにならなきゃダメ」

  10. 【日本の解き方】「世界標準」になった金融政策、内外の安保環境も激変したが…進歩なき一部野党とマスコミ