心臓病ロボット手術最前線

進化と安全 今は4つの穴を開けて行っているダヴィンチ手術も近い将来には単孔式に? 1泊で退院可能も1/3ページ

心臓の手術は難しい。そのため、2018年にロボット支援下手術(ダヴィンチ)で保険適用された「弁形成術」(=心臓の弁やその周囲の形を整え、弁の機能を回復させる手術)も、全国的に普及しているとはいいがたい。だが、未来の扉は開かれている。

「ダヴィンチでは、高精度の3次元画像で弁の観察が容易です。ロボットアームは手振れもないので、正確な弁形成ができ、良好な結果を得ることができます。さらに進化したロボットの登場で、より安全で精度の高い低侵襲手術を実現したい」

こう話すのは、ニューハート・ワタナベ国際病院(東京都杉並区)の渡邊剛総長=顔写真。国内で最も多いダヴィンチでの心臓手術を行っている。

ダヴィンチで保険収載された僧帽弁形成術は、心臓の閉じなくなった僧帽弁を作り直す手術である。弁の不具合と形に合わせ、きちんと開閉できるようにするため、熟練技を要する。しかも、不整脈などの合併症を起こしやすい。そのため、6センチ前後の開口で行う小切開術どころか、かつては、のどの下からみぞおちまで25センチ程度大きく開いて行う手術でさえも、手術の難易度が高いといわれた。渡邊医師は、その難手術をダヴィンチを用いて1~2センチの穴4つの「キーホール」により15年以上も前から行っている。

zakスペシャル

ランキング

  1. プーチン氏の「カネ」知る大富豪〝怪死〟 裏切り者を口封じか 妻と娘と無理心中、一家心中、霊媒師宅の地下室で死亡…すでに8人

  2. 中国など「日本包囲」鮮明、岸田外交に試練 ガス田開発、東シナ海に構造物設置の動き 韓国、ロシア…周辺国の圧力強まる

  3. 誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」

  4. 【勝負師たちの系譜】東京に負けたくないという気構え 西高東低の風やまず 毎日のように練習将棋…研究量は関東以上か

  5. 【列島エイリアンズ】出会い系外国人編(3) 自称〝海外育ちの30代日本人女〟の巧みな手口 FX取引に誘い「吊り橋効果」で恋の毒牙に

  6. 田口容疑者「自己破産」でも免責なしか 4630万円誤送金問題 「毎月5万円ずつとしても70年以上」「実刑3年も」若狭弁護士

  7. 動き出した森保監督〝リストラプロジェクト〟 大迫の次は誰だ? キリンチャレンジ杯・代表メンバー発表

  8. 【芸能ニュース舞台裏】田中みな実がCM、ドラマに重用されるワケ 「フリーアナ」の肩書不要、セルフプロデュースの勝負師

  9. 【するりベント酒】国技館の焼き鳥で、自宅で昼間に飲んでみた 全部食べ終わって、はたと気がついたこと

  10. 暴行容疑で逮捕の財務総括審議官を更迭 物おじしない財政再建〝次官候補〟 人事変更で岸田政権にも影