日本の解き方

震災から11年で残された課題 被災者の心のケアは国が対応、小型原子炉の開発に乗り遅れるな1/2ページ

3月11日で東日本大震災から11年となった。国内の復興や防災態勢はどこまで進んだのか。そして、原発のあり方をどう考えるべきか。

地震・津波被災地域と原子力災害被災地域に分けると、前者では復興の「総仕上げ」の段階になっており、残された課題は被災者の心のケアなどだ。後者では復興・再生が「本格的に始まった」段階にとどまっているので、引き続き国が前面に立って対応することが必要だ。

①住まいとまちの復興②産業・生業の再生③福島の復興・再生④被災者支援という視点でみてみよう。

①はおおむね完了した。具体的には、高台移転による宅地造成(計画約1・8万戸)、災害公営住宅の整備(計画約3・0万戸)を終えた。インフラ整備はおおむね完了し、三陸沿岸道路の全線開通(2021年12月18日)により総延長約570キロが全線開通、JR常磐線の全線開通(20年3月14日)により被災した鉄道が全線開通となっている。

②もおおむね復旧した。19年の製造品出荷額等を震災前の10年と比較すると、岩手県が125%、宮城県が127%、福島県が100%となっており、震災前水準に回復した。19年の観光は政府目標の東北6県の外国人延べ宿泊者数「150万人泊」を達成した。津波被災農地の94%で営農再開可能、水産加工施設の98%で業務再開しており、これも回復している。

残された課題は中核産業である水産加工業だ。漁業の水揚げは低調であり、水産加工業の売り上げも回復途上にとどまっている。

zakスペシャル

ランキング

  1. 「竹島専従」新型調査船が就航 韓国に関係改善の意思なし? 外交ルートで抗議も相次ぐ反日暴挙 実効支配強化が加速する恐れ

  2. 消えたはずの「日の丸」が映画本編で復活 27日公開「トップガン」続編 予告編ではトム・クルーズのジャケットが別マークに修正も

  3. 習主席が墓穴!空母威嚇が裏目に バイデン大統領「台湾防衛」を明言 「『第2のウクライナにはさせない』決意の現れ」識者

  4. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】「AL―MAUJ」誕生の真実 シングル化が遅れ…佐藤さんのアルバムに 「『難破船』に続いてまたカバー曲か」は正直心外

  5. 【スポーツ随想】物言いに尻込む新米審判たち 大相撲夏場所、際どい場面も手を挙げず…ついに八角理事長から〝物言い〟 いまや宝の持ち腐れのビデオ導入

  6. プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認

  7. 豪・印に懸念材料 QUAD首脳会談 「親中の歴史」豪労働党への不信で亀裂も 経済制裁に参加せず密接なインドとロシア

  8. 北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる

  9. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  10. ロシア外交官が侵攻に抗議し辞任 「プーチンの侵略は犯罪」痛烈 ラブロフ外相にも「核兵器で世界脅す人物に成り下がった」