1977 エンタメプレイバック

伝説のコント番組「ドリフ大爆笑」の誕生 子供たちに浸透していた「健康牛乳」「もしもシリーズ」1/2ページ

ドリフの新作コントが見られた時代だった
ドリフの新作コントが見られた時代だった

今から45年前、1977年の日本のエンタメは果たしてどのようなものだったのか。「天はわれわれを見放した」「たたりじゃー」「母さん、僕のあの帽子は~」。流行語がテレビCMからたくさん生まれたあの時代にタイムスリップしよう。

この年、伝説のコント番組が誕生した。「ドリフ大爆笑」(フジテレビ系)だ。ザ・ドリフターズの大型コント番組として、「火曜ワイドスペシャル」のひとつとして月一ペースで放送された。

ドリフは「8時だョ!全員集合」(TBS系)で毎週、公開生放送をする中でのワイド番組だった。しかし、74年に新メンバーとなった志村けんも76年の「東村山音頭」で一躍人気者となっていたため、大爆笑のコントにも志村の比重がかなり大きくなっている。

「大爆笑」を代表するコントに、加藤茶が牛乳を飲みまくる「けんちゃんの健康牛乳」がある。昨年末に放送された「志村けんとドリフの大爆笑物語」でも完全再現されるほどの秀逸なコントだ。志村と加藤もたびたびやっており、松本伊代や渡辺美奈代、三浦理恵子などのバージョンが存在する。「全員集合」の舞台でもやっているのだから、とんでもないコント魂だ。

志村の当たりキャラとなる「バカ殿様」も「大爆笑」と「全員集合」で同時期に出てくるようになり、次第に洗練されていく。歌手の由紀さおりがコメディエンヌとして開花したのも、この番組がきっかけだったといっても過言ではない。

zakスペシャル

ランキング

  1. 国連で動き出した「新・悪の枢軸」 中露の拒否権で北朝鮮の制裁決議が否決 安保理〝機能不全〟また露呈 「ファシズム化は続く」識者

  2. 【大前研一のニュース時評】ルノーなど「ロシア完全撤退」でバッシング回避 一方でそのままの企業も…中国やインドの企業は〝知らん顔〟

  3. 【メジャーの旅】後を絶たないMLBの人種差別 かつてイチローも身の危険を感じ「聞きたくない言葉浴びせられた」と回想

  4. 感染拡大続く北朝鮮 脆弱な医療体制で高齢者、妊婦、児童らにしわ寄せ

  5. 坂本一生が驚きの「変身」ぶり 金髪に真っ黒日焼け肌…プロレスラーのような肉体に

  6. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字

  7. バイデン政権は本当に頼りになるか? 「核の傘」は幻想、中露北「核保有国」と向き合う日本「自立」の好機! 大原浩氏が緊急寄稿

  8. 西側諸国「6月反攻」に秘密兵器 ゼレンスキー大統領、東部苦戦に「装備の差」主張 これまでで最も殺傷力が高い榴弾砲供与か 「8月までは一進一退」識者

  9. 習主席が墓穴!空母威嚇が裏目に バイデン大統領「台湾防衛」を明言 「『第2のウクライナにはさせない』決意の現れ」識者

  10. 【芸能ニュース舞台裏】小山田圭吾、英語の復帰文書新鮮だが…テレビ登場にはまだ遠く 記憶に新しい東京五輪開会式前の辞任騒動