マンション業界の秘密

小規模開発物件の落とし穴…管理コストは10年で数倍規模に高騰 相続による土地放出ラッシュが始まる1/3ページ

大都市の大規模開発が主流ではあるが…
大都市の大規模開発が主流ではあるが…

私は新築マンションの資産価値を物件別に評価する有料の「資産価値レポート」を発行している。各エリアのタイトルを3カ月ごとに最新情報化するため、東京23区や川崎市で新規に販売される新築マンションの現場をすべて調査する。だから市場の流れはおおよそ把握しているつもりだ。

マンションは限られた敷地に多くの住宅を造ることに存在意義がある。戸建て住宅なら20戸しか建てられないような土地に100戸や200戸のマンションを造ることで、その土地の持っているポテンシャルを最大限に活用するのだ。

ただ、最近の傾向として感じるのは20戸や30戸のマンションが多くなった。都心のステイタスエリアなら、そういう開発事例が多いのもうなずけるが、山手線から5駅程度離れた場所でも少なくない。価格が上昇しているので、小規模でもデベロッパーにとってはそれなりの事業収益が得られるのであろう。

zakスペシャル

ランキング

  1. ほかにもある自治体の誤送金 回収に四苦八苦の現場…億超えの大阪・寝屋川市や福島・天栄村など 督促申し立てを行うと10万円以上の経費

  2. 露デフォルトほぼ確定、戦争継続困難に 年内に2540億円もの支払い 海外から国債による資金、ハイテク部品も調達できず

  3. 日本の核シェルターの現状 人口1.2億人に対し収容できるのは2.4万人

  4. 国会は「対中非難決議」の覚悟決めろ 内部資料流出、ウイグル問題で動かぬ証拠 「骨抜き決議」に批判 有本香氏「毅然と事実を示していくべき」

  5. 【EV放浪記】ホンダeの12カ月点検 回生ブレーキ多用で減らないブレーキパッドは錆だらけ 車体下側は凹凸少なくスッキリ

  6. 【最新国防ファイル】陸自唯一の機甲師団「第7師団」 ロシアが仮想敵のずば抜けた戦闘力 いまは領土防衛のため機動展開の部隊に変革

  7. ゼレンスキー大統領が激怒! キッシンジャー氏の「領土割譲案」に「ロシアの利益を考慮しよう、という人が必ずいる」

  8. 【新・親も知らない今どき入試】関関同立合格者ランキング 滋賀・膳所が圧勝 大阪・大手前、四條畷も急伸 首都圏ほど中高一貫校が発達しておらず公立校が優勢

  9. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字

  10. 元欅坂46・今泉佑唯「母ひとり子ひとりで子育て中」と明かす ユーチューバー引退のワタナベマホトと既に破局か