無駄を嗜む

「無駄の塊」が放った危険な魅力 追悼、西村賢太さん 「人様に迷惑かけるな」の圧力が強い日本で“正反対の作風”がもたらすカタルシス2/2ページ

常識に照らせば、どうしようもないクズ人間のエピソードばかりです。それを納豆のような独特のねちっこい文体で、放送禁止用語を交えながら延々と描写するのが西村ワールドの真骨頂。また、貫多の開き直りと、怪しく漂う不気味さを暗示させてスパッと終劇する。この見事な終わり方も特徴です。

日本では「人様に迷惑をかけるな」という社会的な圧力が強いうえ、最近ではSDGsやコンプライアンスに対する配慮まで厳しく求められます。健康や生産性、キラキラしたおしゃれさを礼賛する風潮も強まるばかりです。そんな平成・令和の世に、正反対の方向性を持つ西村先生の作品がある種のカタルシスをもたらしたことは間違いありません。万人受けするとは到底いえない作風ですが、独特の危険な魅力があります。僕の人生にも多大な影響をちょうだいしました。唯一無二の天才であり、こんな作家は百年経っても出ないでしょう。ノーベル文学賞を贈るべきだと思います。

実は一度だけ、西村先生とお会いしたことがあります。たまたま同じラジオ局に収録でいらしていることを知り、帰り際にロビーで声をかけ、昔から熱烈なファンであることを告げました。文学誌に掲載されたばかりの作品について語ったので、本当に好きなことが伝わったのかもしれません。おこがましいので自分が何者かは名乗らず、名刺もお渡ししなかったのですが、先生は私のことをご存じだったのでしょう。その後、出版社を通じて先生から『瓦礫の死角』の書評を指名で依頼されたことは一生の思い出です。

きっと西村先生は天国でも大好きなたばこと酒を存分に楽しみ、風俗も満喫しておられることでしょう。西村賢太先生は永遠に不滅です。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. よくぞ言った!江口のりこがぶっちゃけたテレビのタブー「番宣出演は意味がない」

  2. 〝第7波襲来〟か 東京でコロナ感染倍増、全国でも1・8倍のハイペース 観光支援の先送り示唆 問われる政府と自治体の姿勢

  3. 徴用工問題の「皮算用」 韓国、参院選後に妥協案取り付け画策 岸田政権を軽視?「『日本国内の世論を気にせず…』と侮っている」

  4. 【日本の解き方】歴史的転換期迎えたNATO、中国とロシアへの懸念を明示 北大西洋地域を超え「アジア版」に拡大する戦略も

  5. 大谷vsアルバレス〝一騎打ち〟球宴最終投票スタート メジャー最大注目、DH部門の行方 スター性では大谷に軍配

  6. 68兆円没収、プーチン大統領ら資産を復興資金に ウクライナ首相が要請「甚大な被害の責任は彼らに負わせるべき」

  7. 45年ぶりにギター持ち主へ カナダで盗難、日本で発見 ロックバンド「ゲス・フー」の元メンバー「一度はあきらめた夢がかなった」

  8. 朝ドラヒロイン候補に森七菜と上白石萌歌が急上昇 小芝風花や今田美桜の名前も 「ブギの女王」歌手・笠置シヅ子がモデル、来秋スタート『東京ブギウギ』

  9. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】CM曲はミリオン記録の絶大効果 明菜が味わった屈辱…担当者の「所属歌手だったのか」に失望も

  10. 【エロス&バイオレンスの極み 石井隆の世界】闘病生活の根津甚八を引っ張り出し…涙なくして語れない、一度限りのスクリーン復帰 「GONIN/サーガ」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ