永田町・霞が関インサイド

〝綱渡り〟中国は「ロシア支援」にかじを切る? 中露共同宣言ににじみ出る本音 外相に「親ロシア派」就任予定2/2ページ

習国家主席は、実はプーチン氏との首脳会談で全面的な軍事進攻を示唆すらされなかったというのだ。すなわち、プーチン氏と一蓮托生(いちれんたくしょう)にされることは、中国にとってとてつもない「地政学的リスク」になりかねないと理解したのである。

それを決定づけたのは、ロシア国防省が同27日に核戦力部隊を大統領命令で「戦闘態勢」に置いたと発表したことだ。

こうして、習指導部は、ロシアがウクライナという「国家の主権」を否定する一方で、ウクライナを「主権国家」として見なすようになった。

だが、中国は依然として綱渡りを強いられている。準同盟関係にあるロシアの軍事侵攻に反対する、それともロシアの安全保障上の懸念に対して支援の手を差し伸べる、のいずれなのか。

「プーチンの戦争」の究極目標が、首都キエフの完全制圧によってウォロディミル・ゼレンスキー政権を転覆させたうえで、少なくとも併合したクリミア半島と、東部のドネツク、ルガンスク両州の独立であることは明らかである。

これが習氏の泣きどころである。新彊ウイグル、チベット自治区独立問題がブーメランとなって再燃することになるからだ。

王毅氏は全人代終了後に退任し、「親露派」の楽玉成外務次官が就任するという。中国はやはり「ロシア支援」にかじを切るだろう。 (ジャーナリスト・歳川隆雄)

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 南北間の悲惨な事件「死の漂着」が文在寅氏を追い詰める 〝従北・左翼〟韓国前政権の「非人道性」が白日の下に フィクションでもファンタジーでもない事実

  2. 【日本の選択】麻生太郎氏と泉健太氏の発言を考える 絶対的に誤ってるとは言えない「弱肉強食」の認識 「どんな時でも対話」は単なる空理空論か

  3. 【エロス&バイオレンスの極み 石井隆の世界】表現のタブーの限界に挑戦した〝本気のSM〟 杉本彩が週刊誌を席巻「花と蛇」

  4. SPEEDの上原多香子、舞台復帰も道は険し 影落とす過去の不倫報道 ファンから喜びの声の一方で「きちんと説明すべき」と厳しい意見も

  5. 「ちむどんどん」で株急上昇の山中崇 登場する男性キャラが次々やり玉にあげられるも「よき上司」役が好評価

  6. 【2022年夏・参院選】あるぞ、大どんでん返し!東京・大阪〝14激戦区〟 優勢の自公与党、野党も必死の巻き返し ピンチの現職が相次ぎ鬼気迫る訴え

  7. 中国のふざけた妄言、尖閣周辺に侵入「日本の右翼漁船に対する法執行だ」 中露艦艇に弱腰の政府「参院選真っただ中の岸田政権を威嚇」識者

  8. 朝ドラヒロイン候補に森七菜と上白石萌歌が急上昇 小芝風花や今田美桜の名前も 「ブギの女王」歌手・笠置シヅ子がモデル、来秋スタート『東京ブギウギ』

  9. ポスト和久田麻由子アナに浮上 「元東大ミスコン」堀菜保子アナ(27)の“大きな武器”

  10. 【日本の解き方】「サハリン2」めぐる大統領令とロシア国債デフォルトは同じ現象だ 大きくなる専制国家のカントリーリスク

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ