編集局から

プーチン大統領の考えは「アレクサンドル3世の発想そのままだ」1/1ページ

ウクライナ侵攻を続けるロシアのプーチン大統領は、2014年にクリミア半島を強権的に併合した際、尊敬する人物の銅像を当地に建てたといわれています。

その人物が、ロシアの19世紀末の専制君主、アレクサンドル3世。父親のアレクサンドル2世は農奴解放令を制定するなど改革派として知られていますが、その子は対照的に「保守的」「反動的」だったといいます。

プーチン氏の考えについて、新潟県立大・青山学院大の袴田茂樹名誉教授(現代ロシア論)は、「アレクサンドル3世の発想そのままだ」と指摘します。

袴田氏によると、アレクサンドル3世は「次のことを忘れてはならない。われわれは、敵国やわれわれを憎んでいる国に包囲されているということ、われわれロシア人には友人はいないということだ。われわれには友人も同盟国も必要ない。最良の同盟国もわれわれを裏切るからである。ロシアには信頼できる同盟者は2つしかない。陸軍と海軍である」と述べたと伝えられているとのことです。

「現在のプーチンの言葉といっても不思議ではない」と袴田氏。「帝政ロシア時代からの帝国主義的思想に取りつかれている」と分析します。

ロシアの動きが国際秩序をどう変えるのか、懸念が膨らむばかりです。 (S)

zakスペシャル

ランキング

  1. プーチン氏の「カネ」知る大富豪〝怪死〟 裏切り者を口封じか 妻と娘と無理心中、一家心中、霊媒師宅の地下室で死亡…すでに8人

  2. 中国など「日本包囲」鮮明、岸田外交に試練 ガス田開発、東シナ海に構造物設置の動き 韓国、ロシア…周辺国の圧力強まる

  3. 誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」

  4. 田口容疑者「自己破産」でも免責なしか 4630万円誤送金問題 「毎月5万円ずつとしても70年以上」「実刑3年も」若狭弁護士

  5. 【勝負師たちの系譜】東京に負けたくないという気構え 西高東低の風やまず 毎日のように練習将棋…研究量は関東以上か

  6. バイデン大統領、尹政権の「親米度」を試験か 中国恐れ揺らぐ保守公約 識者「『文政権からの転換を図れ』とクギを刺す」 米韓首脳会談

  7. 【列島エイリアンズ】出会い系外国人編(3) 自称〝海外育ちの30代日本人女〟の巧みな手口 FX取引に誘い「吊り橋効果」で恋の毒牙に

  8. 暴行容疑で逮捕の財務総括審議官を更迭 物おじしない財政再建〝次官候補〟 人事変更で岸田政権にも影

  9. 動き出した森保監督〝リストラプロジェクト〟 大迫の次は誰だ? キリンチャレンジ杯・代表メンバー発表

  10. 【大前研一のニュース時評】米国が台湾を〝一国〟のごとく扱い出した 国務省HPの「独立を支持しない」文言削除 本来、常任理事国ではなかったロシアと中国