史上初〝大関同時陥落〟の大ピンチ! 貴景勝は黒星先行、正代も白星なく3連敗…1/1ページ

正代(奥)は逸ノ城に元気なく敗れた=15日、エディオンアリーナ
正代(奥)は逸ノ城に元気なく敗れた=15日、エディオンアリーナ

大相撲春場所3日目=15日・エディオンアリーナ大阪

史上初の大関ダブル陥落が現実味を帯びてきた。

右足首を痛め初場所を途中休場した大関貴景勝(25)=常盤山=は小結豊昇龍(22)=立浪=に、すくい投げで敗れ2敗目。物言いがつくも軍配は覆らず。初日白星のあと連敗で、黒星先行となり、今場所初めてリモート取材に応じることなく引き揚げた。

貴景勝は2019年初場所で大関昇進も、右膝のけがのため2場所で陥落。12勝を挙げ特例で復帰も、以降の14場所で4度目のカド番を迎えている。

八角理事長(元横綱北勝海)は「左肘が空いてしまった。押せたから〝そのままいけ〟となってしまった」と指摘。試練の大関に「この場所はもともと苦しいと思っているから仕方ない。切り替えていくしかない」と奮起を促した。前回休場明けの昨年秋場所も、初日から3連敗など2勝4敗から8勝し、ミラクル脱出劇に成功しているが、再現となるか。

深刻なのは大関正代(30)=時津風=だ。東前頭2枚目の逸ノ城(28)=湊=に元気なく寄りきりで完敗し、初日から3連敗。今場所は一度もリモート取材に応じていない。正代は初場所で6勝9敗と負け越し、大関9場所で3度目のカド番。八角理事長は「止まっては駄目。左を巻き替えるとか、何かしていかないと」と苦言を呈した。

カド番制度は1969年名古屋場所以降、大関は2場所連続負け越しで関脇に陥落する。過去に23度(19人)が大関の座を失っているが、1場所に2人が同時に陥落した例はない。今回ばかりは大ピンチだ。

zakスペシャル

ランキング

  1. 西側諸国「6月反攻」に秘密兵器 ゼレンスキー大統領、東部苦戦に「装備の差」主張 これまでで最も殺傷力が高い榴弾砲供与か 「8月までは一進一退」識者

  2. 露デフォルトほぼ確定、戦争継続困難に 年内に2540億円もの支払い 海外から国債による資金、ハイテク部品も調達できず

  3. 【日本の核戦略】核シェアリングの方法(上) 中国の核恫喝が現実に…日本の政治家はもはや逃げ回れない 「核を持ち込めば、敵の核に狙われる」は無知な議論

  4. 習主席が墓穴!空母威嚇が裏目に バイデン大統領「台湾防衛」を明言 「『第2のウクライナにはさせない』決意の現れ」識者

  5. ビニ本販売で「まんだらけ」摘発 「芸術としてのエロスと捉えていた」社長ら5人書類送検、1440万円売り上げ 昨年には風営法違反も

  6. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字

  7. 【小池百合子 強く、そしてしなやかに】若者に浸透した安全保障のリアル 「ウクライナ侵攻」で脅かされる食料、エネルギー…自然災害にも目

  8. 【ニュースの核心】米が構築「新しい戦争のかたち」 武器弾薬を提供し実際に戦うのは現地軍 台湾防衛「あいまい戦略」修正も中国抑止へ「憲法改正」は不可欠

  9. 阪神、佐々木朗希に“エース回避作戦”大成功 負ければ自力V消滅の可能性もミラクル起こす セ・パ交流戦

  10. 【艶グラドル】古川杏は〝だんじり娘〟 セクシーポイントは「左頰の秘密のホクロ」