宇都宮競輪「第6回ウィナーズカップ」18日開幕1/1ページ

脇本雄太
脇本雄太

宇都宮競輪場で開催される「ウィナーズカップ」(GⅡ)は18日に開幕する。S級S班9選手もそろうが、優勝候補筆頭に推されるのは脇本雄太(福井)。昨年8月オールスター以来のビッグレース出走で注目を集める。

脇本がついにビッグ戦線に戻ってくる。昨年10月以来、腰部骨折により欠場を続けていたが今年2月奈良記念から実戦に復帰した。その奈良では決勝こそ中四国ロケット作戦に屈したが、勝ち上がりでは圧倒的な強さを披露しファンを一安心させた。続く大宮FⅠでは久々の500バンクを疾走、格の違いを見せつけて完全優勝した。ナショナルチームの活動では走ることのない500バンクを宇都宮の前に体験できたことは大きい。そして連携する可能性の高い近畿の仲間である古性優作(大阪)が年間1番車であるのは好材料。さらに古性は全日本選抜Vですでに今年のグランプリ出場を決めており、余裕もある。脇本―古性で並ぶ近畿ラインは鉄壁だ。

地元栃木からは総勢8人が出場する。リーダー格は最年少の真杉匠(栃木)だ。直前の名古屋記念でGⅢ初優勝を逃げ切りで果たした。GⅠ決勝の大舞台も経験ずみで今年はビッグ戴冠の期待もかかる。脇本は強敵だが奈良記念のようにラインが長ければ粉砕できないわけじゃない。真杉が引っ張って仲間を何人決勝に連れ込めるか、がカギだ。

ウィナーズカップはその名称どおり、車券に貢献した1着回数の多い選手が選考される。ヤンググランプリ出走選手も選ばれるため、通常のビッグレースとは異なり、フレッシュなメンバー構成で今大会がビッグ初参戦というヤングも多い。今回は吉田有希(茨城)が119期一番乗りでビッグ初出場を果たす。ルーキーチャンピオンは残念ながら病気のため欠場した分、ここで見せ場を作る。

zakスペシャル

ランキング

  1. バイデン大統領のアジア歴訪を韓国が悪用!? ケジメなき「反日」暴挙問題の棚上げ画策も 「対北政策を利用し『告げ口外交』か」識者

  2. 資金洗浄、闇店舗…危ない「ネットカジノ」 4630万円誤送金詐取で24歳男逮捕、供述で「別の口座に移して使った」

  3. 中国〝恫喝体質〟また露呈 王毅外相「日本は火中の栗を拾うな」 日中外相会談の同日、爆撃機が沖縄飛行

  4. 【艶グラドル】林凛「女子大生7年目です」 セクシーポイントは「長身からの長い脚」

  5. 4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」

  6. 文在寅派、支持率ガタ減り…「性犯罪日常化政党」との指弾も 韓国で依然根強い「反日左翼」勢力 与党は6月統一地方選で大勝か

  7. 乙武洋匡氏、今夏の参院選出馬へ 大激戦の東京選挙区 水道橋博士も「れいわ新選組」から出馬表明 「スポーツ報知」報道

  8. 【テレビ用語の基礎知識】「優等生タイプ」 最近のテレビマンはこのタイプが多いが…テレビのオワコン化脱却はどれだけ「上とけんかして、下を守れるか」にかかっている

  9. 後継者出現!プーチン氏〝退陣Xデー〟間近か 重病、クーデター説も 複数の諜報機関が暗闘 「数カ月後に大統領選の可能性」識者

  10. 自民・高市政調会長、決然と批判! 韓国の竹島調査疑惑「外交儀礼上、問題がある」