プーチンの国より愛を込めて

故郷に戻り、気持ちを押し止めて無言の時間1/2ページ

ジュリア・ミント
ジュリア・ミント

初めに、以前からこの連載を読んでくださっている読者の皆さまはご存じかと思いますが、このエッセーは、ロシアの文化や私を含めた普通の市民生活にまつわるお話、そして、時々自分たちの音楽活動について書かせてもらいながら、3年以上に渡って連載を続けてきました。

ですので、記事の内容がそういったお話に限定されることを、お察しくだされば幸いです。

先週、私は、エカテリンブルクから300キロほど離れた故郷の町に戻りました。

姉たちは結婚して他の州に暮らしていますので、60代前半の両親だけがこの町で自営業をしながら静かに暮らしています。

人口4万弱の小さな町です。故郷にいると昔と変わらず時が静かに流れていくように感じますが、そこにいる人々も皆明日を心配しています。

町に戻ってきた翌日の3月8日は国際女性デーの祝日でした。例年は春の息吹を感じさせるような休日なのですが、今年はそのような気分ではありません。

それでも、今では何倍もの価格になってしまったチューリップを何本か買って母に渡すと、彼女にようやく笑みの表情が浮かびました。

それは、今回町に戻ってきてから初めて見た母の笑顔でした。

zakスペシャル

ランキング

  1. 【スクープ最前線】コロナ大失政の果て…3選に暗雲の習主席が「台湾・尖閣で挽回」の狂気 日米首脳会談の裏で驚愕の事態 「日本国内でテロの危険」米当局

  2. 決済代行業者が3500万円超を町に返還 阿武町誤送金で新展開 27回の出金があった業者から町の口座に NHK報道

  3. 国会議員や上場企業社長の報酬は一体いくら? 細田衆院議長「100万円しか」発言で物議 非難相次ぐ「外れすぎた市民感覚」の実態

  4. 「顔で選べば1番」と言われた維新候補 プロも絶賛する「ボディメイク」の仕上がり

  5. 依存度高い日本は大丈夫か 「インターネットエクスプローラー」6月16日サポート終了で 移行措置「完了」16% マイクロソフトも注意呼び掛け

  6. 【芸能ニュース舞台裏】手越祐也、手がけた脱毛サロンが全店閉店 テレビ復帰模索も道は険しく「代わりはもういる」の声

  7. 連日20万人以上の発熱者でロックダウンの北朝鮮 食糧難で餓死者増の危機

  8. 【マンション業界の秘密】タワマン“好き嫌い”が分かれる理由 「チャラい人の住むところ」敬意を持たれにくい階数ヒエラルキー的価値観

  9. 北朝鮮でコロナ猛威、脆弱な医療体制と怪しい薬 治療法わからず過剰服用で死亡者も フリーライター・金正太郎氏がリポート

  10. 【芸能ニュース舞台裏】YouTubeでウハウハ!?毎度お騒がせの華原朋美、子供に1600万円のフェラーリを買える驚きの財力