軍事のツボ

特別版3 ウクライナ戦争でロシア軍が犯した8つの間違い(上)4/4ページ

4.少なすぎるロシア軍の兵力

ロシア軍はウクライナ軍を包囲して攻め込む「外線作戦」だから、守る側を大幅に上回る兵力を配置して敵兵力を分散させたうえで、どこかを集中的に攻撃し突破していくのが、これもセオリー。

しかし開戦直前、米国はウクライナ国境周辺のロシア軍は15~19万人としていた。これが主に5つの方向からウクライナに侵攻していったので、平均で1正面4万人以下になる。

これに対してウクライナ陸軍は約16万人とみられており、これに準軍事組織の国家親衛隊6万人前後と、今年になって組織された民兵組織の領土防衛隊約13万人が加わる。しかも「内線作戦」として包囲の内側にあるため、攻撃側よりも狭い範囲で補給を続けられるなどの利点があり、これがロシア軍より機能している。

15~19万人はロシア軍が投入できる兵力のほぼ全力というのが、多くの見立てだ。しかしこれでは少なすぎるのはロシア側も認識している可能性がある。3月7日付英紙タイムズは情報機関の連邦保安局(FSB)の内部文書とみられる報告書の内容を報じている。そこでは「ウクライナの最小限の抵抗に対処するためには後方支援部隊を除いた数だけでも50万人超が必要」とされている。

通常、兵站部隊は戦闘部隊の3倍前後は必要とされているから、全部で150万人が必要ということになる。しかしロシア軍は陸軍以外もすべてひっくるめて90万人前後。とてもではないが、侵攻自体が最初から無理という計算になる。

3月11日にプーチン大統領が外国からの志願兵を送り込む考えを示した。ショイグ国防相は志願者は1万6000人とし、シリアの人権団体は13日までに4万人以上が傭兵として登録したとしている。このこと自体が自ら兵力不足を認めていることにもなる。

=特別版4・ウクライナ戦争で犯したロシア軍8つの間違い(下)に続く (サンケイスポーツ・梶川浩伸)

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 南北間の悲惨な事件「死の漂着」が文在寅氏を追い詰める 〝従北・左翼〟韓国前政権の「非人道性」が白日の下に フィクションでもファンタジーでもない事実

  2. 【日本の選択】麻生太郎氏と泉健太氏の発言を考える 絶対的に誤ってるとは言えない「弱肉強食」の認識 「どんな時でも対話」は単なる空理空論か

  3. 【エロス&バイオレンスの極み 石井隆の世界】表現のタブーの限界に挑戦した〝本気のSM〟 杉本彩が週刊誌を席巻「花と蛇」

  4. SPEEDの上原多香子、舞台復帰も道は険し 影落とす過去の不倫報道 ファンから喜びの声の一方で「きちんと説明すべき」と厳しい意見も

  5. 【2022年夏・参院選】あるぞ、大どんでん返し!東京・大阪〝14激戦区〟 優勢の自公与党、野党も必死の巻き返し ピンチの現職が相次ぎ鬼気迫る訴え

  6. 「ちむどんどん」で株急上昇の山中崇 登場する男性キャラが次々やり玉にあげられるも「よき上司」役が好評価

  7. 中国のふざけた妄言、尖閣周辺に侵入「日本の右翼漁船に対する法執行だ」 中露艦艇に弱腰の政府「参院選真っただ中の岸田政権を威嚇」識者

  8. 朝ドラヒロイン候補に森七菜と上白石萌歌が急上昇 小芝風花や今田美桜の名前も 「ブギの女王」歌手・笠置シヅ子がモデル、来秋スタート『東京ブギウギ』

  9. 【小林至教授のスポーツ経営学講義】アイフォーン発売15周年 スマホが決定的にしたスポーツのグローバル化 野球はMLB、サッカーはプレミアリーグに一極集中

  10. ポスト和久田麻由子アナに浮上 「元東大ミスコン」堀菜保子アナ(27)の“大きな武器”

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ