いやら収集

僕の小説はエロより背徳〝後ろメタファー〟 煩悩まみれの「永いおあずけ」 1/2ページ

この連載のタイトルもそうだし、人生の3分の2はいやらしいことを考えてきたなんて常々、公言しているもので、ある小説誌から「官能小説を一度、書いてみませんか?」と、いうお誘いが5年くらい前にきた。

実は随分昔に『スレイヴ・オブ・ラブ』(文庫本で〝愛にこんがらがって〟に改題)というSM小説を発表していたが、僕はどうやらその官能というジャンルが得意ではないらしい。

すなわち、読者を〝濡れて立つ〟(BY・宇能鴻一郎)まで持っていくことが出来ないのである(あくまでまわりの評だけど)。「ダメじゃん、それじゃ」と、言われてしまえばそれまでだけど、肝心なエロ描写よりもその手前や後にある〝何でこんなことをやってるんだろう?〟という、後ろめたさ(僕はそれを〝後ろメタファー〟と呼ぶ)の方に重点を置いてしまいがちだからだと思う。

SM小説(もどき)を書いていた時、気が付いたことは、Sはサドじゃなく、サービスのSだってこと。本格Mの期待に答えるべく懸命に〝プレイ〟というサービスを施す主人公(ド素人S)が、気が付けば奈落のステージに堕されて―そんな話、勃たんな、やっぱ。いや、逆についつい調子に乗り行為に及んだが、後から縮み上がるくらいのホラーが待っているなんて話が書きたかったので仕方ない。

zakスペシャル

ランキング

  1. 西側諸国「6月反攻」に秘密兵器 ゼレンスキー大統領、東部苦戦に「装備の差」主張 これまでで最も殺傷力が高い榴弾砲供与か 「8月までは一進一退」識者

  2. 露デフォルトほぼ確定、戦争継続困難に 年内に2540億円もの支払い 海外から国債による資金、ハイテク部品も調達できず

  3. 【日本の核戦略】核シェアリングの方法(上) 中国の核恫喝が現実に…日本の政治家はもはや逃げ回れない 「核を持ち込めば、敵の核に狙われる」は無知な議論

  4. 【小池百合子 強く、そしてしなやかに】若者に浸透した安全保障のリアル 「ウクライナ侵攻」で脅かされる食料、エネルギー…自然災害にも目

  5. ビニ本販売で「まんだらけ」摘発 「芸術としてのエロスと捉えていた」社長ら5人書類送検、1440万円売り上げ 昨年には風営法違反も

  6. 習主席が墓穴!空母威嚇が裏目に バイデン大統領「台湾防衛」を明言 「『第2のウクライナにはさせない』決意の現れ」識者

  7. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字

  8. 阪神、佐々木朗希に“エース回避作戦”大成功 負ければ自力V消滅の可能性もミラクル起こす セ・パ交流戦

  9. 【最新国防ファイル】陸自唯一の機甲師団「第7師団」 ロシアが仮想敵のずば抜けた戦闘力 いまは領土防衛のため機動展開の部隊に変革

  10. 【ニュースの核心】米が構築「新しい戦争のかたち」 武器弾薬を提供し実際に戦うのは現地軍 台湾防衛「あいまい戦略」修正も中国抑止へ「憲法改正」は不可欠