サクラと星条旗

〝DRUGS AND BASEBALL〟 麻薬、ステロイド、コカイン…薬物問題は今後日米両国でさらに深刻化1/4ページ

スカッグス投手(AP)
スカッグス投手(AP)

先日、ロサンゼルス・エンゼルスの元広報部長エリック・ケイ被告(47)に有罪判決が下り、今年初頭の球界のビッグニュースとして報じられた。罪状は、エンゼルスの投手だったタイラー・スカッグスを死に至らしめた違法薬物を本人に提供したこと。当時27歳だったスカッグスは2019年7月1日、テキサス・レンジャースとの試合のためにダラスに遠征中、オキシコドン、フェンタニル、アルコールを摂取した後、滞在先のホテルで死亡した。ケイ被告はスカッグスを含む複数の選手にオキシコドンを提供したことを認めていた。彼には20年の禁錮刑が科される。

元メッツのマット・ハービーも薬物の提供を受けていた選手の一人で、彼はメッツ在籍時にコカインを使用していたことも認めた。エンゼルスのゴールデンボーイ、大谷翔平(27)も無関心ではいられるはずがない。メジャーリーグは長年にわたり薬物に侵されており、その中で最も新しいスキャンダルが今回の事件となる。

死亡したスカッグス投手(右下)に薬物を提供したとして連邦裁判所で有罪判決を受けたエリック・ケイ被告=テキサス州フォートワース(AP)
死亡したスカッグス投手(右下)に薬物を提供したとして連邦裁判所で有罪判決を受けたエリック・ケイ被告=テキサス州フォートワース(AP)

1980年代半ばのコカイン・スキャンダルでは、複数の大物MLB選手のコカイン使用が発覚し、球界を揺るがした。ピッツバーグ・パイレーツの複数の選手が、裁判で次々と薬物の使用を認め、クラブハウス内に薬物ディーラーがいると証言した。メッツのドワイト・グッデン、ダリル・ストロベリー、キース・ヘルナンデスもコカイン常用者だった。ニューヨーク・デーリー・ニューズ紙は、1986年のワールドシリーズ覇者、デービー・ジョンソン監督率いるニューヨーク・メッツを「ジャンキーだらけのチーム」と表現した。

こうした事実の発覚と同時に、過去のビッグスター、ウィリー・メイズ、ウィリー・スターゲルなどを含む大多数のMLB選手が、昔から疲労とけがの回復のためにメタンフェタミン、通称「グリーニー」を使用していたことが報じられた。

zakスペシャル

ランキング

  1. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】古舘伊知郎が見た〝伝説の一夜〟 井上陽水と玉置浩二、大御所2人を「黒子」にさせた中森明菜のすごみ

  2. 【大鶴義丹 やっぱりOUTだぜ!!】俳優にとって一番の恐怖…体が動く限り続く〝終わりのないゲーム〟 お金や名声入るが気持ちは満たされない

  3. 韓国で早くも「反日」暴挙 林外相の訪韓中に竹島EEZで無断調査 地下構造や資源探査か 「尹大統領は決して“親日”ではない」

  4. 新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目

  5. ロシア“非人道兵器”使用か マリウポリの製鉄所に「白リン弾」降り注ぎ…プーチン大統領に重病説、追い詰められ残虐さ加速?

  6. 安保環境の激変で大転換 日本学術会議「軍民両用」研究を否定せず 年間10億円の血税投入「浮世離れ」組織、民営化案浮上で目くらましか

  7. “制裁金よりダメージ” 朗希への白井球審の詰め寄り問題以降、ロッテと関西審判団の深まる遺恨 井口監督とレアードも退場に

  8. 【日本の解き方】「世界標準」になった金融政策、内外の安保環境も激変したが…進歩なき一部野党とマスコミ

  9. エンゼルスの戦力ランク5位にUP! 大谷翔平が契約で求めたチームに変貌中 気になるのは同地区の最大のライバル、アストロズも絶好調

  10. 【そういうことだろ~】Jリーグ30年目迎えるも〝オワコン危機〟 「浦和が正真正銘のビッグクラブにならなきゃダメ」