日本の解き方

ロシアが撤退企業の国有化、カントリーリスクが拡大へ 退くも地獄とどまるも地獄の〝悪夢〟1/2ページ

ロシアのプーチン大統領は、同国から撤退した企業の資産を国有化する法案に署名した。他国の政府や進出企業は対抗することができるのか。

結論から言えば、既にロシアは戦争状態になっているので、早期の停戦などがない限り、対抗措置は事実上困難だ。

ロシアのウクライナ侵攻を受けて、欧米日が強力な金融制裁を実施しているので、非ロシア企業のロシアビジネスは回収が困難になった。加えて国際世論の批判もあり、撤退を余儀なくされている。その対抗措置として、ロシアは撤退すれば国有化するとしている。非ロシア企業からすれば、撤退すればこれまでの投下資本をドブに捨てることになるわけだ。

そもそも、海外投資はさまざまなリスクが伴う。これをカントリーリスクというが、特定の国の環境変化によるものだ。具体的にいえば、戦争、政情不安や経済危機、経済報復措置、洪水や火山噴火といった、政治・経済・社会・法規制・自然・技術などのさまざまな側面における変化だ。

国・地域のリスクは、経済協力開発機構(OECD)カントリーリスク専門家会合が、国ごとの債務支払い状況、政治・経済・金融情勢などの情報に基づき議論を行っている。日本では政府が100%出資している公的機関の日本貿易保険が海外投資への保険業務を行っているので、このOECD評価を基に随時、リスクカテゴリー表を公表している。

2022年2月7日現在の表をみると、AからHまでの8段階のうち、G7のような民主主義の先進国は当然ながらAであるが、中国・香港はC、ロシアはE、ウクライナはGだった。

zakスペシャル

ランキング

  1. 【ニュースの核心】「対中前線基地化」要求か バイデン大統領が日韓歴訪 親中派・林外相の「二股路線」に釘、媚び売ってる場合ではない岸田政権

  2. 4630万円誤送金の田口翔容疑者、阿武町役場をプライバシー侵害で提訴する可能性も

  3. DAIGO“政界進出”あるか 芸能界一の好感度、最近話題の暴露系ユーチューバーも人柄の良さを称賛 本人は「120%ないです」

  4. 【日本の誇り 安倍晋三】防衛費大幅増で自国守る「意思」示せ! バイデン大統領来日 韓国、安保で認識一致も竹島調査船は残念 日銀「子会社」発言は比喩的な表現

  5. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  6. バイデン大統領、尹政権の「親米度」を試験か 中国恐れ揺らぐ保守公約 識者「『文政権からの転換を図れ』とクギを刺す」 米韓首脳会談

  7. 暴行容疑で逮捕の財務総括審議官を更迭 物おじしない財政再建〝次官候補〟 人事変更で岸田政権にも影

  8. 田口容疑者「自己破産」でも免責なしか 4630万円誤送金問題 「毎月5万円ずつとしても70年以上」「実刑3年も」若狭弁護士

  9. 【今からできる年金+10万円生活】早朝案件は狙い目! 定年退職後の「ハローワークでアルバイト探し」 年金プラス〝手堅い〟収入

  10. 【するりベント酒】国技館の焼き鳥で、自宅で昼間に飲んでみた 全部食べ終わって、はたと気がついたこと