ニッポンの新常識

今こそ「核抑止の議論」の必要性 「非核三原則」表明から55年、戦後教育の象徴「憲法9条」で国家の独立は守れるのか1/2ページ

核共有の議論の必要性を訴えている安倍元首相
核共有の議論の必要性を訴えている安倍元首相

ロシアのウクライナ侵攻で、核兵器の使用が危惧されている。ウラジーミル・プーチン大統領が2月末、核抑止力部隊に高い警戒態勢に移行するよう命じたからだ。独裁者の暴走を受けて、日本国内でも「核抑止の議論」が浮上しているが、「ようやくか…」という思いが非常に強い。

佐藤栄作元首相が「非核三原則」を表明してから55年―。核兵器を「持たず、作らず、持ち込ませず」という理想は素晴らしいが、現実の国際社会はどうだろう。仮定でしかないが、1994年の「ブダペスト覚書」でウクライナが核兵器を放棄しなければ、プーチン氏の選択が変わっていたように思える。

そもそも、核保有国(=疑いも含めて)でありながら、独裁者が政権を担っている国は、ロシアや中国、北朝鮮など多数存在する。今回のウクライナ侵攻で改めて認識したが、民主主義国家ではないため、どれだけ国際社会から非難されても、独裁者の思う方向へと進んでしまう。それが破滅の道であってもだ。

4月21日「憲法シンポジウム4」にケント氏が登壇。入場券申し込みはQRから!
4月21日「憲法シンポジウム4」にケント氏が登壇。入場券申し込みはQRから!

こうしたなか、日本に核兵器を撃ち込ませない「核抑止の議論」をすることは、政治家やメディアとして当然の義務ではないか。逆に、議論すらしないことが、どのような危険性を伴い、独裁国家を喜ばせるかを考えなければならない。

NATO(北大西洋条約機構)加盟国は「ニュークリア・シェアリング(核共有)」を採用することで、「核抑止力を共有」している。日本は、米国が同盟国に広げる「拡大核抑止(核の傘)」の中にいるが、「非核三原則」を掲げることで、「核の傘の下にいない」という考え方もできる。

zakスペシャル

ランキング

  1. 消えたはずの「日の丸」が映画本編で復活 27日公開「トップガン」続編 予告編ではトム・クルーズのジャケットが別マークに修正も

  2. 北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる

  3. 習主席が墓穴!空母威嚇が裏目に バイデン大統領「台湾防衛」を明言 「『第2のウクライナにはさせない』決意の現れ」識者

  4. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】「AL―MAUJ」誕生の真実 シングル化が遅れ…佐藤さんのアルバムに 「『難破船』に続いてまたカバー曲か」は正直心外

  5. 「竹島専従」新型調査船が就航 韓国に関係改善の意思なし? 外交ルートで抗議も相次ぐ反日暴挙 実効支配強化が加速する恐れ

  6. 【スポーツ随想】物言いに尻込む新米審判たち 大相撲夏場所、際どい場面も手を挙げず…ついに八角理事長から〝物言い〟 いまや宝の持ち腐れのビデオ導入

  7. 豪・印に懸念材料 QUAD首脳会談 「親中の歴史」豪労働党への不信で亀裂も 経済制裁に参加せず密接なインドとロシア

  8. プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認

  9. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  10. 【日本の解き方】1~3月期GDPを読み解く 民間消費は予想より良かったが、公共投資減への対策が急務だ