開幕デモ投は「灰色」阪神・藤浪、離脱した青柳の代役 「今年はある意味〝捨て身〟」とOB1/1ページ

開幕投手に決まった藤浪。阪神Vの鍵を握る
開幕投手に決まった藤浪。阪神Vの鍵を握る

信用していいのか、それとも…。阪神・青柳晃洋(28)のコロナ離脱を受け、2年連続2度目の開幕投手の座が回ってきた藤浪晋太郎(27)が、18日のオリックス戦(京セラドーム大阪)で5回4安打2失点(自責1)。グレーな内容で開幕に向けてのリハーサルを終えた。

初回に最速160キロの真っすぐを披露。課題の制球力も大きく崩れることはなかったが、左打者ばかりのオリックス打線に2四球、1暴投…そして球数が97と多いのが気になる。それでも藤浪は「この時期は毎年気合が入る。今年こそやるぞという気持ちは持っている」とキッパリ。矢野燿大監督(53)も「ヤギ(青柳)がこんなことになったから(開幕は)晋太郎でいくよ。去年よりも自信を持っていくんじゃないか」と大役を正式指名した上で、手応えも口にした。

気になるのはプロ10年目を迎えた藤浪が復活できるかだ。昨オフは宿敵の巨人・菅野智之投手(32)にまで弟子入りして自主トレを敢行。今年2月のキャンプから緩急あるカーブも駆使し実戦4試合で計10回2失点。今季限りで退任する矢野監督からキャンプの「投手MVP」にも選ばれたほど、期待に応えている。

藤浪と親しい阪神OBの一人からはこんな声が出ている。「新人から3年連続2桁勝利を挙げ、金本前監督の時代から結果が出なくなってもう7年目。散々2人の監督に同じことを言われ続けよくならなかったのは本人が一番痛感している。だから今年はある意味〝捨て身〟で頑張れるのではないか」。何だかんだ言っても藤浪が奮起しないと阪神は面白くない…。 (岩崎正範)

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. AV新法成立でも終わらぬ議論 知識人4人が考える「AVの今と未来」

  2. 【2022年夏・参院選】全選挙区122人「女の戦い」 猛追する東京・海老沢氏 踏ん張る大阪・松川氏 知名度で自民に追いつくか愛媛・高見氏 政治ジャーナリスト分析

  3. パドレス退団の秋山翔吾、古巣の西武には戻りづらい? 「自分が戻ることで、面白くないと思う人がいるんじゃないか」

  4. 【芸能ニュース舞台裏】歌えるうちに辞める加山雄三、活動休止の波紋 スタッフは新たな「職場」探しに…サザンのライブが業界全体を活性化へ

  5. 【保守とリベラル】参院選後、岸田首相への注文 世論に過度に迎合することなく抜本的改革を! 憲法改正、外交で安倍元首相の活用も

  6. 【大前研一のニュース時評】NTTグループの画期的な働き方の新制度 勤務場所は原則自宅、本社に呼ばれたら出張扱い

  7. 【勝負師たちの系譜】棋士や将棋界のことを知りたい「知る将」のための一冊 それぞれのファンに向けた著書続々

  8. 【2022年夏・参院選】政党別の「獲得議席」最新情勢 自民党1人区で「27勝5敗」 左派政党の苦戦浮き彫りに 選挙プランナー松田馨氏が解説

  9. 【日本の解き方】ロシアのウクライナ侵攻が「終結」するシナリオはあるのか 甘受せざるを得なくなる米国の支援次第という現実

  10. 【するりベント酒】威張ってない、偉そうにしてない…新潟の弁当は期待以上においしかった! 「五目釜めし弁当」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ