「ボクも伊達直人になる」12年前にランドセルもらった高2男子 市長らに自らかけあい…若者の自立後支援を求め奔走1/2ページ

群馬県中央児童相談所に届いた10個のランドセル=2010年12月、前橋市
群馬県中央児童相談所に届いた10個のランドセル=2010年12月、前橋市

「どんな環境で育った若者も暮らしやすい社会にしたい」。昨年12月、伊勢崎市役所を訪れた男子生徒が、臂泰雄(ひじ・やすお)市長に思いを強く訴えた。

2010年のクリスマス。群馬県中央児童相談所(前橋市)に10個のランドセルが届いた。送り主が漫画タイガーマスクの主人公「伊達直人」を名乗ったことが話題になり、各地で同様の寄付が起き社会現象となった。

ランドセルをもらった児童は、高校生になった=1月(里親提供)
ランドセルをもらった児童は、高校生になった=1月(里親提供)

生徒はこのランドセルを受け取った1人。当事者としていつかは自分が困っている人の役に立ちたいと思っていた。そこで目を向けたのが、施設や里親の元を離れた「ケアリーバー」の問題だ。

親との死別や貧困、虐待といった理由により施設や里親の元で育てられる「社会的養護」の制度の対象となるのは、原則18歳(最長で22歳)まで。その後は公的な援助が得られず、孤独や貧困に陥りやすい。厚生労働省が昨年に公表した実態調査では、3人に1人が生活費や学費の悩みを抱えていた。

人気キャラクターの名に扮して寄付をする「タイガーマスク運動」の発信地である前橋市は、17年から独自に自立支援制度を拡充。ふるさと納税を活用し、施設や里親から巣立つ若者へ、20万円の現金給付や運転免許取得費用の補助をしていた。「伊勢崎市にも同様の制度ができないか」。生徒は里親女性(45)と昨年12月から市議などへ個別に呼び掛けを始めた。

zakスペシャル

ランキング

  1. 国会議員や上場企業社長の報酬は一体いくら? 細田衆院議長「100万円しか」発言で物議 非難相次ぐ「外れすぎた市民感覚」の実態

  2. 依存度高い日本は大丈夫か 「インターネットエクスプローラー」6月16日サポート終了で 移行措置「完了」16% マイクロソフトも注意呼び掛け

  3. 【芸能ニュース舞台裏】手越祐也、手がけた脱毛サロンが全店閉店 テレビ復帰模索も道は険しく「代わりはもういる」の声

  4. 【芸能ニュース舞台裏】YouTubeでウハウハ!?毎度お騒がせの華原朋美、子供に1600万円のフェラーリを買える驚きの財力

  5. 北朝鮮でコロナ猛威、脆弱な医療体制と怪しい薬 治療法わからず過剰服用で死亡者も フリーライター・金正太郎氏がリポート

  6. 【メジャーの旅】〝大谷効果〟で二刀流ばやり? 今季限りで引退表明、プホルスも投手デビュー!

  7. プーチン氏の「カネ」知る大富豪〝怪死〟 裏切り者を口封じか 妻と娘と無理心中、一家心中、霊媒師宅の地下室で死亡…すでに8人

  8. 中国など「日本包囲」鮮明、岸田外交に試練 ガス田開発、東シナ海に構造物設置の動き 韓国、ロシア…周辺国の圧力強まる

  9. 【有本香の以読制毒】なんとバカげたことを…小池知事、太陽光パネル設置条例 東京が「ウイグル人強制労働に加担」する街に

  10. 【シリーズ映画ヒットの裏側】世界中が絶叫したホラーの大傑作 オカルトブーム巻き起こした「エクソシスト」 監督を一躍スターダムへ導いた「ハロウィン」