エンタなう

名優ケネス・ブラナーによる「人間賛歌」 昭和の東京下町を彷彿 アカデミー賞有力候補「ベルファスト」1/1ページ

無邪気なバディ少年に救われる
無邪気なバディ少年に救われる

名優ケネス・ブラナーが幼少期に暮らした町を舞台に、家族の喜びと悲しみがモノクロームに凝縮された映画「ベルファスト」。激動の時代に翻弄されながら、無邪気な少年の瞳に映る日常生活が愛おしくて、誰の心にも響くだろう。

1969年、「北アイルランド紛争」のまっただ中にあったベルファスト。労働者たちが多く住む下町の横丁でもプロテスタントとカトリックが反目し合っていた。

冒頭、9歳の少年バディが戦争ごっこをして駆け回るうち、大人の紛争に巻き込まれそうになる長回しのシーンが生々しい。大好きな両親と祖父母たちと笑い合う日常に隣り合って、銃声が響き、戦車が突入する。

仕事を変えて町を出ようと言う父と、生まれ育った地を離れがたい母がケンカをするのも息子を思ってのことだ。悪友にそそのかされ、万引きの説教にきた警官とも母は顔なじみ。ストリート自体が〝長屋〟で〝学校〟のような環境でも、人々はいがみあい、家族の絆に救われる。

製作・監督・脚本のブラナーが「とてもパーソナルな作品だ」と言うように特殊な状況下にあった家族の自伝的な作品なのだが、昭和の東京の下町であっても違和感はない普遍の人間賛歌。バディ役を得た北アイルランド出身のジュード・ヒルに語りかけるグラニー役のジュディ・デンチは、〝寅さん〟のおばちゃんだ。圧倒的に優しい。

アカデミー賞の有力候補。一部で先行上映中。25日公開。 (中本裕己)

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. AV新法成立でも終わらぬ議論 知識人4人が考える「AVの今と未来」

  2. 【2022年夏・参院選】全選挙区122人「女の戦い」 猛追する東京・海老沢氏 踏ん張る大阪・松川氏 知名度で自民に追いつくか愛媛・高見氏 政治ジャーナリスト分析

  3. パドレス退団の秋山翔吾、古巣の西武には戻りづらい? 「自分が戻ることで、面白くないと思う人がいるんじゃないか」

  4. 【芸能ニュース舞台裏】歌えるうちに辞める加山雄三、活動休止の波紋 スタッフは新たな「職場」探しに…サザンのライブが業界全体を活性化へ

  5. 【保守とリベラル】参院選後、岸田首相への注文 世論に過度に迎合することなく抜本的改革を! 憲法改正、外交で安倍元首相の活用も

  6. 【大前研一のニュース時評】NTTグループの画期的な働き方の新制度 勤務場所は原則自宅、本社に呼ばれたら出張扱い

  7. 【勝負師たちの系譜】棋士や将棋界のことを知りたい「知る将」のための一冊 それぞれのファンに向けた著書続々

  8. 【2022年夏・参院選】政党別の「獲得議席」最新情勢 自民党1人区で「27勝5敗」 左派政党の苦戦浮き彫りに 選挙プランナー松田馨氏が解説

  9. 【メジャーの旅】陽岱鋼、米独立リーグで野球を楽しむ 本人いわく「ゼロからのスタート」も あふれる笑顔の野球少年に

  10. 【するりベント酒】威張ってない、偉そうにしてない…新潟の弁当は期待以上においしかった! 「五目釜めし弁当」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ