プーチン大統領やけくそ〝狂気の暴走〟 極超音速ミサイルを実戦初使用、ロシア国防省発表 2000キロ先も攻撃可能 識者「ウクライナや欧米への『威圧』が目的」1/2ページ

極超音速ミサイル「キンジャル」を搭載したミグ31戦闘機=2018年5月、モスクワ(AP)
極超音速ミサイル「キンジャル」を搭載したミグ31戦闘機=2018年5月、モスクワ(AP)

ウラジーミル・プーチン大統領率いるロシア軍が、最新鋭兵器で〝狂気の暴走〟を誇示した。ウクライナ西部デリャチンで、迎撃困難な極超音速ミサイル「キンジャル」を使用し、地下のミサイル貯蔵庫を破壊したと発表したのだ。事実なら、実戦での使用は初めて。戦局の停滞が伝えられるなか、地下に避難する民間人への無差別攻撃でも狙っているのか。

「最新のロシア兵器の能力が実証された」

ロシア・タス通信は19日、こうした軍事専門家の見解を伝えた。極超音速ミサイルの発射は、ロシア国防省が同日発表した。

極超音速ミサイルは、マッハ5(音速の5倍)以上のスピードと不規則な軌道を両立し、迎撃が困難とされる。ロシアは、米国のミサイル防衛(MD)網を突破する能力の獲得を急ぎ、開発を加速させてきた。

今回の「キンジャル」はマッハ10で飛行し、2000キロ先の目標を攻撃可能とされる。ロシアは2018年3月に戦闘機から発射する実験を成功させ、今年2月にはウクライナ侵攻前の演習でも発射した。核兵器が搭載可能という。

zakスペシャル

ランキング

  1. バイデン大統領のアジア歴訪を韓国が悪用!? ケジメなき「反日」暴挙問題の棚上げ画策も 「対北政策を利用し『告げ口外交』か」識者

  2. 資金洗浄、闇店舗…危ない「ネットカジノ」 4630万円誤送金詐取で24歳男逮捕、供述で「別の口座に移して使った」

  3. 中国〝恫喝体質〟また露呈 王毅外相「日本は火中の栗を拾うな」 日中外相会談の同日、爆撃機が沖縄飛行

  4. 【艶グラドル】林凛「女子大生7年目です」 セクシーポイントは「長身からの長い脚」

  5. 4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」

  6. 文在寅派、支持率ガタ減り…「性犯罪日常化政党」との指弾も 韓国で依然根強い「反日左翼」勢力 与党は6月統一地方選で大勝か

  7. 【テレビ用語の基礎知識】「優等生タイプ」 最近のテレビマンはこのタイプが多いが…テレビのオワコン化脱却はどれだけ「上とけんかして、下を守れるか」にかかっている

  8. 乙武洋匡氏、今夏の参院選出馬へ 大激戦の東京選挙区 水道橋博士も「れいわ新選組」から出馬表明 「スポーツ報知」報道

  9. 後継者出現!プーチン氏〝退陣Xデー〟間近か 重病、クーデター説も 複数の諜報機関が暗闘 「数カ月後に大統領選の可能性」識者

  10. 自民・高市政調会長、決然と批判! 韓国の竹島調査疑惑「外交儀礼上、問題がある」