マンション業界の秘密

「コロナ・バブル」の終焉…売却予定の不動産は今年が売り時か 予測外れた「五輪終了後に不動産価格は下落」2/2ページ

新型コロナ自体、弱毒性のオミクロン株が主流となった。アメリカやイギリスでは、コロナ対策の制約を全廃したり、大幅に緩和したりしている。「普通の風邪」と同様に扱い始めた。

岸田文雄首相は何事も「人の話をよく聞く」ことを重視するので、欧米並みに規制を緩めるのはまだ先の話だろう。彼がよく話を聞いていそうな財務省の官僚は、財政支出を伴うコロナ対策には、全力を挙げて反対するはず。安倍内閣時のような大盤振る舞いはなさそうである。

さらに、世界情勢は大きく変動している。ウクライナ戦争はエネルギー価格のさらなる高騰を招いている。最近ではあまり目立たないが、中国の不動産バブルは着実に弾けている。世界経済に対するマイナス要因ばかりが目立っているのだ。

日本では「消費者物価2%上昇」を掲げて9年間続けられてきた「異次元金融緩和」が23年4月の日銀総裁交代で終了する可能性が高い。

すでにアメリカは利上げモードに入っており、EUも年内にはこれに追随するスタンス。世界的なインフレが利上げを促してもいる。

日本も来年春以降、小幅ながらも利上げが行われる可能性が高そうだ。金利が上がれば、不動産価格が下がるのは経済のセオリーである。

このように、内外の情勢を見渡して不動産価格が今以上に上昇する材料は少ない。唯一の光明は、コロナが収束すればインバウンドが戻ってきそうなことくらい。これも中国のゼロコロナ政策が続けば、どうなるかは分からない。中国からのインバウンドが復活するのは、早くても1年以上先になるのではないか。

となれば、将来売却する予定の不動産は今のうちに売っておく方が賢明である。市場の下落は早ければ今年の後半あたりから始まるかもしれない。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】有名人一騎打ちの長野選挙区 自民・松山三四六氏に「文春砲」「新潮砲」炸裂! 立民・杉尾秀哉氏は「ノーコメント」 夕刊フジ記者がW直撃

  2. 巨人・坂本勇人に〝異変〟 2試合連続で途中交代 「正常ではない」状態続けばコンバート加速も

  3. 中露また威嚇行動 ロシア海軍艦、沖ノ鳥周辺に出現 中国海警局船、尖閣周辺での領海侵入は3日連続

  4. 南北間の悲惨な事件「死の漂着」が文在寅氏を追い詰める 〝従北・左翼〟韓国前政権の「非人道性」が白日の下に フィクションでもファンタジーでもない事実

  5. 【日本の解き方】「サハリン2」めぐる大統領令とロシア国債デフォルトは同じ現象だ 大きくなる専制国家のカントリーリスク

  6. 【日本の選択】麻生太郎氏と泉健太氏の発言を考える 絶対的に誤ってるとは言えない「弱肉強食」の認識 「どんな時でも対話」は単なる空理空論か

  7. 【アイドルSEXY列伝】片瀬那奈 変わらない明るさと衰えない美貌 死屍累々の有名人YouTubeも…頑張ってほしいフリーランスで奮起する40歳

  8. 【高須基一朗の“瞬刊”芸能】「ウンジャラゲ」復活の日 田中聖の再逮捕で「田代まさし」が急浮上 いまや何がきっかけで過去が掘り返されるか予想できない

  9. 【2022年夏・参院選】あるぞ、大どんでん返し!東京・大阪〝14激戦区〟 優勢の自公与党、野党も必死の巻き返し ピンチの現職が相次ぎ鬼気迫る訴え

  10. 【エロス&バイオレンスの極み 石井隆の世界】表現のタブーの限界に挑戦した〝本気のSM〟 杉本彩が週刊誌を席巻「花と蛇」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ