定年後の居場所

一生に一度くらい「これに賭けた」というものを持ちたくて…K先生と受講生仲間に刺激を受けた作家養成講座1/2ページ

最近、本を書きたいという会社員から「執筆のためにどのような準備をしたのか?」という質問を受けた。いろいろなことに取り組んではみたが「何かこれを」といったものは思いつかなかった。ただある講座のことを思い出した。

2008年1月から、大阪のカルチャーセンターで、K先生が受け持っていた作家養成講座に通い始めた。K先生は当時30冊を超える小説を執筆していた。その中には映画化された作品もあった。私は小説を書けるタイプではないが、プロの作家から直接指導を受ける機会が魅力だったので1年あまりの間、月に2回休まずに参加した。

講座の当日は、事前に提出した原稿に対して先生が一人一人にコメントを与えてくれる。作品のテーマから段落や語句の使い方に至るまできめ細かい指摘がある。参加している受講生は、十数人いたので平均すると1人5分ほどの短いコメントだったが自分の番になると一言も聞き逃すまいと真剣だった。

K先生は、会社員から転身した人を紹介する私の新聞連載や、娘の就職活動をリアルタイムにルポしたネット連載には好意的な反応を示してくれた。組織で働く会社員に対して、私が抱えている課題意識もすんなり理解してもらえたように思えた。

コメントの中で「ビジネス書が一行で書いていることを小説では一冊の本にします。楠木さんの原稿は、ビジネス分野のエッセイといえますね」と評してもらったことが印象に残っている。ただ先生から返却された原稿には赤字の修正が多くて、自分の文章の至らなさを思い知らされた。

zakスペシャル

ランキング

  1. 西側諸国「6月反攻」に秘密兵器 ゼレンスキー大統領、東部苦戦に「装備の差」主張 これまでで最も殺傷力が高い榴弾砲供与か 「8月までは一進一退」識者

  2. 露デフォルトほぼ確定、戦争継続困難に 年内に2540億円もの支払い 海外から国債による資金、ハイテク部品も調達できず

  3. 【日本の核戦略】核シェアリングの方法(上) 中国の核恫喝が現実に…日本の政治家はもはや逃げ回れない 「核を持ち込めば、敵の核に狙われる」は無知な議論

  4. ビニ本販売で「まんだらけ」摘発 「芸術としてのエロスと捉えていた」社長ら5人書類送検、1440万円売り上げ 昨年には風営法違反も

  5. 習主席が墓穴!空母威嚇が裏目に バイデン大統領「台湾防衛」を明言 「『第2のウクライナにはさせない』決意の現れ」識者

  6. 【小池百合子 強く、そしてしなやかに】若者に浸透した安全保障のリアル 「ウクライナ侵攻」で脅かされる食料、エネルギー…自然災害にも目

  7. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字

  8. 【ニュースの核心】米が構築「新しい戦争のかたち」 武器弾薬を提供し実際に戦うのは現地軍 台湾防衛「あいまい戦略」修正も中国抑止へ「憲法改正」は不可欠

  9. 【艶グラドル】古川杏は〝だんじり娘〟 セクシーポイントは「左頰の秘密のホクロ」

  10. 阪神、佐々木朗希に“エース回避作戦”大成功 負ければ自力V消滅の可能性もミラクル起こす セ・パ交流戦