円安インフレから家計を守る〝資産防衛術〟 背景にウクライナ侵攻で進む「有事のドル買い」 「安いものを買うより『無意識の支出』をカット」専門家1/2ページ

小麦製品など食品の値上げが相次いでいる
小麦製品など食品の値上げが相次いでいる

一時1ドル=121円台に

ロシアのウクライナ侵攻を機に円安とインフレが同時に家計を襲っている。外国為替市場では22日、約6年ぶりに一時1ドル=121円台を付けた。一方、店頭ではガソリン価格や食料品の値上げが続く。資産を守るためのテクニックを専門家に聞いた。

このところの円安ドル高の背景は、利上げを加速させる米国と金融緩和を継続する日本との間で金利差が拡大するとの観測に加え、ロシアのウクライナ侵攻で「有事のドル買い」が進んでいることにある。

市場では2015年6月に記録した1ドル=125円台まで進むとの声も聞かれる。円安を逆手に取り外貨を運用して資産を守る手もありそうだが、経済ジャーナリストの磯山友幸氏は「インフレとは通貨の価値が落ちている状態だ。米ドルは日本円と比べて下落の幅は小さいが、価値自体は下落傾向にある。外貨を集めることは決して安全な手段ではない」と指摘する。

円相場が一時1ドル=120円台となったことを示すモニター=22日
円相場が一時1ドル=120円台となったことを示すモニター=22日

比較的安全な資産運用はあるのか。「安全資産の代表格である金(ゴールド)はコロナ禍の影響で過去最高値を更新しているが、戦争やインフレ懸念で人気が続く可能性が高い。実物資産として不動産を購入する手もあるが、東京都内の不動産価格は異常な高騰が続き、今はおすすめできない」と磯山氏。

もちろん投資にはリスクもつきまとう。磯山氏は「比較的安全だからといって全ての資産を金に換えればいいわけではない。貯金額の3分の1など余裕のある範囲で運用すべきだ」と指摘した。

zakスペシャル

ランキング

  1. 国会議員や上場企業社長の報酬は一体いくら? 細田衆院議長「100万円しか」発言で物議 非難相次ぐ「外れすぎた市民感覚」の実態

  2. 依存度高い日本は大丈夫か 「インターネットエクスプローラー」6月16日サポート終了で 移行措置「完了」16% マイクロソフトも注意呼び掛け

  3. 【芸能ニュース舞台裏】手越祐也、手がけた脱毛サロンが全店閉店 テレビ復帰模索も道は険しく「代わりはもういる」の声

  4. 【芸能ニュース舞台裏】YouTubeでウハウハ!?毎度お騒がせの華原朋美、子供に1600万円のフェラーリを買える驚きの財力

  5. 【メジャーの旅】〝大谷効果〟で二刀流ばやり? 今季限りで引退表明、プホルスも投手デビュー!

  6. 北朝鮮でコロナ猛威、脆弱な医療体制と怪しい薬 治療法わからず過剰服用で死亡者も フリーライター・金正太郎氏がリポート

  7. プーチン氏の「カネ」知る大富豪〝怪死〟 裏切り者を口封じか 妻と娘と無理心中、一家心中、霊媒師宅の地下室で死亡…すでに8人

  8. 中国など「日本包囲」鮮明、岸田外交に試練 ガス田開発、東シナ海に構造物設置の動き 韓国、ロシア…周辺国の圧力強まる

  9. 【有本香の以読制毒】なんとバカげたことを…小池知事、太陽光パネル設置条例 東京が「ウイグル人強制労働に加担」する街に

  10. 【シリーズ映画ヒットの裏側】世界中が絶叫したホラーの大傑作 オカルトブーム巻き起こした「エクソシスト」 監督を一躍スターダムへ導いた「ハロウィン」