「トリガー条項」の凍結解除、自公国3党が協議 政府、元売り各社に補助金支給も価格高騰止まらず 「国民に直接の還元を」「発動のリスク指摘はナンセンス」識者1/1ページ

ガソリン価格の高騰に歯止めがかかるのか
ガソリン価格の高騰に歯止めがかかるのか

自民、公明、国民民主3党は23日午後、燃油価格高騰対策に関する検討チームの初会合を国会内で開く。国民が与党に要請したガソリン税の一部を減税する「トリガー条項」の凍結解除について協議する。ロシアのウクライナ侵攻の影響で、原油価格がさらに高騰する懸念が強まるなか、国民生活や企業収益を守る早急な対策が必要だ。

「地方の住人にとって、車は不可欠の移動手段であり、燃料の値上がりは死活問題だ。元売り業者に補助金を入れるより、減税分が直接国民に還元される『トリガー条項』の方が明らかに求められる」

経済ジャーナリストの荻原博子氏はこう語った。

検討チームは、各党で税制調査会幹部を務める自民党の加藤勝信前官房長官と、公明党の伊藤渉政調会長代理、国民民主党の大塚耕平政調会長が参加。23日の会合では、各省庁から原油価格の現状や、トリガー条項の仕組みについて聴取する方針だ。

トリガー条項は、ガソリン税の上乗せ分(1リットル当たり25・1円)の課税を停止して、その分を減税する施策。東日本大震災(2011年)の復興財源確保のため凍結されている。

政府は現在、元売り各社へ補助金を支給することで、ガソリン価格などの急騰に歯止めをかけようとしているが、価格高騰は止まらない。このため、トリガー条項の凍結解除が注目される。

ただ、一長一短もある。

トリガー条項の発動が1年間続けば、国と地方で合計1兆5700億円程度の税収減が見込まれる。さらに、解除後には1リットルあたり約25円の値上がりし、ガソリンスタンドが混乱するリスクをはらむ。

前出の荻原氏は「もはや発動のリスクを指摘することはナンセンスだ。アベノマスクなど、税金の無駄遣いをさんざん指摘されている。なぜ効果のある政策を渋るのか」と訴えた。



zakスペシャル

ランキング

  1. バイデン大統領のアジア歴訪を韓国が悪用!? ケジメなき「反日」暴挙問題の棚上げ画策も 「対北政策を利用し『告げ口外交』か」識者

  2. 中国〝恫喝体質〟また露呈 王毅外相「日本は火中の栗を拾うな」 日中外相会談の同日、爆撃機が沖縄飛行

  3. 【艶グラドル】林凛「女子大生7年目です」 セクシーポイントは「長身からの長い脚」

  4. 4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」

  5. 文在寅派、支持率ガタ減り…「性犯罪日常化政党」との指弾も 韓国で依然根強い「反日左翼」勢力 与党は6月統一地方選で大勝か

  6. 乙武洋匡氏、今夏の参院選出馬へ 大激戦の東京選挙区 水道橋博士も「れいわ新選組」から出馬表明 「スポーツ報知」報道

  7. 自民・高市政調会長、決然と批判! 韓国の竹島調査疑惑「外交儀礼上、問題がある」

  8. 後継者出現!プーチン氏〝退陣Xデー〟間近か 重病、クーデター説も 複数の諜報機関が暗闘 「数カ月後に大統領選の可能性」識者

  9. 文政権から30人監獄行きも 検察の「捜査権剝奪」法案で大荒れの韓国 検事総長が辞表を提出、国民からも批判 識者「民主主義へのテロ」