憲法と自衛隊

自衛隊の位置付け、現状でいいのか? 「自分の国は自分で守る」ウクライナの現状見ても明らか 正面から正攻法で国民に問うてほしい1/2ページ

自民党の憲法改正実現本部会議であいさつする岸田首相(左端)=2021年12月21日、東京・永田町の自民党本部
自民党の憲法改正実現本部会議であいさつする岸田首相(左端)=2021年12月21日、東京・永田町の自民党本部

自民党は改憲4項目を提示し、改憲議論を推進しようとしている。すなわち、「憲法9条への自衛隊明記」「緊急事態条項の追加」「参院選挙区の合区の解消」、そして「教育の充実」である。このように自民党が改憲案を具体的に示して、憲法議論を進めていくことを大いに歓迎したいし、期待したい。

しかし、改憲の中身については、「時代の変化に対応して改正していかなければならないもの」と、「憲法そのものが、そもそも抱えていた矛盾あるいは問題点を根本的にただすこと」の2種類があり、これらは区別すべきだと考えている。

すなわち、「緊急事態条項」「合同解消」、そして「教育の充実」は時代の変化に応じて変えるべきものだが、「憲法9条の問題」は、憲法が制定されたときから抱えていた矛盾であり、時代が変わったから改正するものではない。

私が防衛大学校に入校した昭和48(1973)年には、地対空ミサイル配備に関連した住民訴訟で「自衛隊違憲判決」が下された。これから自衛官の道を歩もうとする私にとってはショッキングなできごとだった。憲法9条の問題は、国の基本、あり方の問題として捉えるべきである。

保守と言われている人にも2種類あると思っている。

今まで、憲法に1ミリも手を付けられなかったのは、立憲民主党、共産党、社民党などの革新陣営が立ちはだかったというよりも、「保守護憲」という分厚い層によるところが大きいと思う。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】あるぞ、大どんでん返し!東京・大阪〝14激戦区〟 優勢の自公与党、野党も必死の巻き返し ピンチの現職が相次ぎ鬼気迫る訴え

  2. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】CM曲はミリオン記録の絶大効果 明菜が味わった屈辱…担当者の「所属歌手だったのか」に失望も

  3. 中国のふざけた妄言、尖閣周辺に侵入「日本の右翼漁船に対する法執行だ」 中露艦艇に弱腰の政府「参院選真っただ中の岸田政権を威嚇」識者

  4. ポスト和久田麻由子アナに浮上 「元東大ミスコン」堀菜保子アナ(27)の“大きな武器”

  5. 朝ドラヒロイン候補に森七菜と上白石萌歌が急上昇 小芝風花や今田美桜の名前も 「ブギの女王」歌手・笠置シヅ子がモデル、来秋スタート『東京ブギウギ』

  6. よくぞ言った!江口のりこがぶっちゃけたテレビのタブー「番宣出演は意味がない」

  7. 【2022年夏・参院選】〝民主王国〟長野にヒビ 激戦、立憲・杉尾氏に新人の松山三四六氏が猛追 後援会「千曲会」分裂を契機に自民反撃か

  8. 徴用工問題の「皮算用」 韓国、参院選後に妥協案取り付け画策 岸田政権を軽視?「『日本国内の世論を気にせず…』と侮っている」

  9. 【日本の解き方】日銀は金利上昇を容認するか 「売り仕掛け」には負けないが、非常識人事で内部崩壊懸念も

  10. 「明石家紅白」で期待される〝SMAP雪解け〟 7年ぶりに香取慎吾と共演、木村派・さんまの仲介で「復活」の声

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ