太陽光パネルの〝落とし穴〟 脱炭素社会に暗雲 40年代に大量廃棄時代が到来、リサイクル処理が追い付かなくなる恐れ2/2ページ

こうした業者に回らず埋め立て処分される例も多いとみられ、環境省は22年度、聞き取りの対象を解体、撤去業者にも広げる。流通や処理実態を把握し、リサイクル徹底に向けた法整備も視野に対策を検討する方針だ。

国のエネルギー白書では、09年度に284万キロワットだった太陽光発電の導入量は、19年度に5901万キロワットに達した。脱炭素化に向け政府が後押ししており、パネルはさらに普及する見込みだ。

埼玉県は20年、産業廃棄物処理や解体、撤去、リサイクルなど関連業者でつくる協議会を設立した。県担当者は「埋め立て処分場の逼迫を防ぐため、業者間で連携する処理ルートを構築しておきたい」と強調する。

大量廃棄をビジネスにつなげようとする動きもある。パネル製造販売の新見ソーラーカンパニー(岡山県新見市)は高温の水蒸気を用い、ガラスや銅線などを分離する装置を開発した。再資源化率は約95%で、22年度内の発売を目指す。国内の他、アジアや欧米からも引き合いがあるという。

佐久本秀行社長は「再資源化された材料を使った『再生パネル』を、5年後をめどに製品化したい」と意気込む。

中部大の細田衛士教授(環境経済学)は、欧州では着実にリサイクルへつなげる法令が整備されているとして「国は新法制定も見据えた議論を急ぐべきだ」としている。

【太陽光パネル】太陽の光エネルギーを電力に変換する板状の設備。重量の約7割を占めるガラスの他、アルミ、銀、銅などが使われる。鉛やカドミウムなど有害物質を含むタイプもある。環境省の処理指針は、中古販売での再利用を優先し、故障していれば分解、再資源化した上で廃棄するよう促している。2018年には将来的なリサイクル義務化の検討を明記した計画を策定した。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】あるぞ、大どんでん返し!東京・大阪〝14激戦区〟 優勢の自公与党、野党も必死の巻き返し ピンチの現職が相次ぎ鬼気迫る訴え

  2. 中国のふざけた妄言、尖閣周辺に侵入「日本の右翼漁船に対する法執行だ」 中露艦艇に弱腰の政府「参院選真っただ中の岸田政権を威嚇」識者

  3. ポスト和久田麻由子アナに浮上 「元東大ミスコン」堀菜保子アナ(27)の“大きな武器”

  4. 朝ドラヒロイン候補に森七菜と上白石萌歌が急上昇 小芝風花や今田美桜の名前も 「ブギの女王」歌手・笠置シヅ子がモデル、来秋スタート『東京ブギウギ』

  5. 南北間の悲惨な事件「死の漂着」が文在寅氏を追い詰める 〝従北・左翼〟韓国前政権の「非人道性」が白日の下に フィクションでもファンタジーでもない事実

  6. 【日本の選択】麻生太郎氏と泉健太氏の発言を考える 絶対的に誤ってるとは言えない「弱肉強食」の認識 「どんな時でも対話」は単なる空理空論か

  7. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】CM曲はミリオン記録の絶大効果 明菜が味わった屈辱…担当者の「所属歌手だったのか」に失望も

  8. 徴用工問題の「皮算用」 韓国、参院選後に妥協案取り付け画策 岸田政権を軽視?「『日本国内の世論を気にせず…』と侮っている」

  9. 「明石家紅白」で期待される〝SMAP雪解け〟 7年ぶりに香取慎吾と共演、木村派・さんまの仲介で「復活」の声

  10. よくぞ言った!江口のりこがぶっちゃけたテレビのタブー「番宣出演は意味がない」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ