実況・小野塚康之 時代を越える名調子

帰ってきた!センバツ’22観戦記 大黒柱・山田を救った近江の結束力 急きょの出場で19年ぶりベスト83/3ページ

山田はもともと上体の強い力投タイプで、去年の4強の夏の消耗が激しく、秋はひじ痛から一試合も登板しなかった。復帰を目指して取り組んできたことが下半身の強化だった。

下半身主導のスタイルへの転換でこの春見事に復帰したが、モデルチェンジして日が浅いこともあり、この試合は力みも入ってバランスを崩していた。力を抜く必要があった。大胆に力を抜くというのは難しいそうだが、投げるときに込める力を70%まで落として立て直せたそうだ。この大胆なトライができたのも大橋の存在があればこそだ。

打線も山田をフォローした。2回にビッグイニングを作った。1死満塁から9番の清谷の2点タイムリーツーベースで逆転、さらに下位打線の作ったチャンスに1番の津田、2番の横田が連続タイムリー、3番中瀬が犠牲フライで続き効率よく5点を挙げた。この日は4番山田に責任を背負わせることがなかった。

この試合は計7点を挙げた打線にはつながりがあった。多賀章仁監督の備えによるものだ。前の試合でフライアウトが多く動きの少なかった攻撃陣に手を入れた。一つは打順、4番山田を軸に一番良い形をと大胆に編成した。不動の4番を中心に左右のジグザグ打線を組んだ。足の速い津田をトップに、前の試合2番の中瀬を3番に大胆起用、見事に的中した。

初戦のあと打撃練習で修正したことも生きた。フライアウトが多かったので打撃練習ではショートゴロ、セカンドゴロを打てと指示、バットを内側から出して逆らわないゴロの打球を追求させた。13安打中9本は狙い通りの方向に飛んだ。山田だけに頼らない攻撃ができた。

もちろん、この試合の勝利はエース山田の好投によるものが大きいが、全員が重要な役割を果たし山田の負担を軽くして、山田の良さも引き出している。1回戦は主に山田で勝ち、2回戦はみんなで勝利をつかんで19年ぶりのセンバツベスト8。

近江は急きょの出場で非常に難しい立場で臨んでいるが、コロナウイルス感染で辞退を余儀なくされた京都国際と同様の高いレベルの野球を甲子園で展開している。ここまでの近江の対応力の素晴らしさに敬意を表するとともにこの後の戦いがますます楽しみになってきた。


健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 〝史上最悪〟KDDI通信障害、賠償額は!? 48時間以上続く異例の事態に「危うさ」浮き彫り 再発リスク・補償・自衛策あるか

  2. ジャガー横田一家に「親のしつけが悪すぎる」の声 長男の「寮母の飯がマズイ」発言が物議、夫・木下氏の対応にも批判

  3. 徴用工めぐる官民協議体、韓国できょう初会合 日韓両国の企業や個人の拠出で基金設立案も

  4. 日本との関係改善の前に韓国は「竹島侵略」の謝罪と償いを ルール無視継続なら「経済制裁」辞さず 大原浩氏が緊急寄稿

  5. 【沖縄が危ない!】「基地反対」叫ぶだけでは平和は来ない! 厳粛な慰霊の場を政治利用するな 来賓の岸田首相が登壇すると「帰れ」「辺野古の海を守れ」と罵声

  6. 【マンション業界の秘密】要注意!高い物件をペアローンで買うリスク 今は結婚した3組に1組が離婚する時代、完済前に訪れる困難

  7. 紅白出場の人気女性歌手に薬物疑惑 コロナ禍、クスリにハマる芸能人が増加 「激やせ」がネット上で話題になることも

  8. メジャー帰りの野手苦戦 広島加入の秋山翔吾は輝き取り戻せるか 2軍戦に出場、3打数無安打

  9. 戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー

  10. 中国挑発エスカレート 80日連続で尖閣周辺航行 習主席「政権3期目」狙い実績アピールか

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ