勝負師たちの系譜

令和3年度順位戦の総括(2) チャンス逃すと永久に上がれないC級 年齢順の降級…終わる昭和の時代1/2ページ

いつも言うことだが、順位戦というのは川の流れに逆らって、どこまで上流に向かって泳いでいけるかという棋戦である。その伝で言えば、C級は比較的、川の下流に位置する戦いだが、人数が多いだけに一旦抜けるチャンスを逃すと、永久に上がれなくなる。

これまでも、次点を何回か繰り返すうちにチャンスを逃し、次第に降級点を取るようになって降級していった棋士を、数多く見てきた。

ただしトップを目指す若手にとっては、単なる通過点ではあるが、一流棋士の多くがC級で何年か苦労し、B級から上はノンストップという棋歴を持っている。

例えばA級まで5年で上がった谷川浩司九段、藤井聡太五冠は、いずれもC級で1年足止めされているし、羽生善治九段、佐藤康光九段や森内俊之九段らに至っては、C級を抜けるのに何年もかかっている。

今期のC級1組は、まず大橋貴洸六段が9勝1敗で、2年連続の昇級。彼は本欄で何度も紹介した7割バッターで、藤井五冠にも勝ち越している実力者である。

次に詰将棋が得意で、安定した実力者の及川拓馬七段が8勝2敗での昇級。そして昇級3人となった最後の枠に、飯島栄治八段が滑り込んだ。

zakスペシャル

ランキング

  1. プーチン氏の「カネ」知る大富豪〝怪死〟 裏切り者を口封じか 妻と娘と無理心中、一家心中、霊媒師宅の地下室で死亡…すでに8人

  2. 中国など「日本包囲」鮮明、岸田外交に試練 ガス田開発、東シナ海に構造物設置の動き 韓国、ロシア…周辺国の圧力強まる

  3. 誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」

  4. 【勝負師たちの系譜】東京に負けたくないという気構え 西高東低の風やまず 毎日のように練習将棋…研究量は関東以上か

  5. 【列島エイリアンズ】出会い系外国人編(3) 自称〝海外育ちの30代日本人女〟の巧みな手口 FX取引に誘い「吊り橋効果」で恋の毒牙に

  6. 田口容疑者「自己破産」でも免責なしか 4630万円誤送金問題 「毎月5万円ずつとしても70年以上」「実刑3年も」若狭弁護士

  7. 動き出した森保監督〝リストラプロジェクト〟 大迫の次は誰だ? キリンチャレンジ杯・代表メンバー発表

  8. 【芸能ニュース舞台裏】田中みな実がCM、ドラマに重用されるワケ 「フリーアナ」の肩書不要、セルフプロデュースの勝負師

  9. 【するりベント酒】国技館の焼き鳥で、自宅で昼間に飲んでみた 全部食べ終わって、はたと気がついたこと

  10. 暴行容疑で逮捕の財務総括審議官を更迭 物おじしない財政再建〝次官候補〟 人事変更で岸田政権にも影