えいとまん 三遊亭栄豊満の与太郎よそう

松戸「夕刊フジ杯」最終日 S級特選10Rは椎木尾が突き抜ける1/1ページ

椎木尾拓哉選手
椎木尾拓哉選手

松戸ナイターの『夕刊フジ杯』2日目に、らく人兄さんと行ってきました。少しでも夕刊フジに貢献しようというボクたちの心意気をぜひくんでいただきたいですな。

ただ、どうにも2日目のボクは間が悪かった。まず最初に松戸駅と北松戸駅を間違えて降り、競輪場への入場時の検温がうまくいかず、さらにおちゃらけてると勘違いした警備員さんに「ちゃんと計って」と小言をもらい、揚げ句に与太郎よそうを外すというのは、いつもか…。

ただ、間が悪いのは人にも伝染るようで、らく人兄さんはマークシートの記入ミスで車券を逃し、なんとも苦い松戸遠征になったとさ。

なので、最終日は立て直します。予想はS級特選10Rで椎木尾が軸。準決勝は前が不発で共倒れしたものの、特選を制しており期待は十分。まくる神田を追い込んで2勝目をあげる〔5〕↔〔2〕-〔1〕〔4〕〔7〕で勝負!。

思うに2日目ではなく、最終日まで行くのをガマンすれば良かったんですよね。

なんてったって松戸(待つと)いいでしょうってね。

(五代目圓楽一門会二ツ目)

■三遊亭栄豊満(さんゆうてい・えいとまん) 1991年3月5日生まれ。愛知県半田市出身。落語家。2015年に三遊亭栄楽に入門。18年に二ツ目昇進。趣味はマンガ・アニメ・ゲーム。現在はただのオタクだが高校時代、自転車部に所属しており競輪を賭け事ではなく競技としてやっていた。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】CM曲はミリオン記録の絶大効果 明菜が味わった屈辱…担当者の「所属歌手だったのか」に失望も

  2. ヤクルトの強さとは…古田敦也氏を直撃! 盟友・高津監督はどう変わったのか 三冠王も視野の「村上宗隆はもう抑えられないよ」

  3. 「明石家紅白」で期待される〝SMAP雪解け〟 7年ぶりに香取慎吾と共演、木村派・さんまの仲介で「復活」の声

  4. コロナ感染急増も「50歳以下は自粛不要」と専門家 オミクロン派生型「BA・5」の置き換わり進む 「すでにかぜレベルに近い」児玉栄一教授

  5. 【日本の解き方】日銀は金利上昇を容認するか 「売り仕掛け」には負けないが、非常識人事で内部崩壊懸念も

  6. 68兆円没収、プーチン大統領ら資産を復興資金に ウクライナ首相が要請「甚大な被害の責任は彼らに負わせるべき」

  7. 中露艦による尖閣「航行の恫喝作戦」常態化 6年ぶりの「連携」で接続水域に侵入 「ならず者連合さながら」で問われる「日米台の連携」

  8. 【大鶴義丹 やっぱりOUTだぜ!!】テレビの「存在感」が大きく変化 街頭からスマホの時代へ

  9. 【2022年夏・参院選】高市氏が〝猛ゲキ〟大混戦の東京選挙区 生稲氏に強力援軍、聴衆の笑い誘いつつ「議席増やせるか瀬戸際」 松野官房長官は防衛力強化をアピール

  10. 【スクープ最前線】中露ブチ切れ!岸田首相のNATO会議出席で「敵」と認定 プーチン氏「サハリン2」強奪で脅迫テロ 中国が仕掛ける「日系企業強奪計画」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ