自分の「居場所」を取り戻せ!50代からの俺活入門

職場という〝表舞台〟から降りたら役柄を変えよう 本当の自分は「俺活」でしか表現できない!1/2ページ

「オレが将来やりたい〝俺活計画〟を聞いてくれ! 30分くらい時間ないか?」

旧友が突然ズーム会議を申し込んできた。彼はいま活躍中の政治家だが、「やっぱり俺活だよな。俺活しないといけない」と熱く語った。

「50歳からの俺活プロジェクト」を立ち上げたこの1年、私はある驚きを感じている。それは、すべてを手にしているかのような人が、こぞって俺活に関心を抱いているということだ。

地位もお金も名誉も、愛する家族もすべて得ている成功者たちが、「本当の自分」を取り戻そうとしているのだ。

■成功につれて「俺」を出せなくなる

俺活の定義は「僕や私ではなく、俺を主語にしながら、本当の自分になれる居場所を見つける」ことだ。そもそも成功者たちは、好きで得意なことに没頭して成功を勝ち取ってきた。しかし、彼らの本音は「成功すればするほど、本当の自分を表に出しにくくなる」ということだ。だからこそ、自分のメンタルを健全に保つために俺活をして心を自由に泳がせたくなるのだ。

■「俺活では別の顔」と割り切る

組織での職位が上がり、肩書が付き、責任が重くなるにつれ、「コンサバティブな物腰」が必要とされる。コンプライアンスに気を配り、パワハラやクレームは厳禁。自らの振る舞いが組織に悪影響を与えないように振る舞うようになる人が多い。

SNSでも個人的な思いや体験をアップするのを差し控えたり、更新自体を止めてしまう人もいる。これは仕方がないことなので、「職場は舞台だ」と思って演技をやりきるしかない。

しかし、表舞台から降りたら役柄を変えよう。俺活の舞台で思い切り自分らしくパフォーマンスをすればいい。真夜中は別の顔ではないが、俺活でも「別の顔」が基本だ。〝確信犯〟で思いきり振り切るほうががいい。

zakスペシャル

ランキング

  1. 田口容疑者「自己破産」でも免責なしか 4630万円誤送金問題 「毎月5万円ずつとしても70年以上」「実刑3年も」若狭弁護士

  2. バイデン大統領、尹政権の「親米度」を試験か 中国恐れ揺らぐ保守公約 識者「『文政権からの転換を図れ』とクギを刺す」 米韓首脳会談

  3. 暴行容疑で逮捕の財務総括審議官を更迭 物おじしない財政再建〝次官候補〟 人事変更で岸田政権にも影

  4. 【大前研一のニュース時評】米国が台湾を〝一国〟のごとく扱い出した 国務省HPの「独立を支持しない」文言削除 本来、常任理事国ではなかったロシアと中国

  5. 【するりベント酒】国技館の焼き鳥で、自宅で昼間に飲んでみた 全部食べ終わって、はたと気がついたこと

  6. 動き出した森保監督〝リストラプロジェクト〟 大迫の次は誰だ? キリンチャレンジ杯・代表メンバー発表

  7. 【ニュースの核心】「対中前線基地化」要求か バイデン大統領が日韓歴訪 親中派・林外相の「二股路線」に釘、媚び売ってる場合ではない岸田政権

  8. 4630万円誤送金の田口翔容疑者、阿武町役場をプライバシー侵害で提訴する可能性も

  9. 【艶グラドル】美澄衿依、趣味は“かわいい子探し” 初DVD「Ellie」を発売

  10. 吉岡里帆の“うさぎコスプレ”が話題 ネット民「バニー姿ステキ」「飼いたい」「どんぎつねさんと悩む」