エンタなう

世界初、謎の少数民族〝黄色い葉の精霊〟に密着 映画「森のムラブリ インドシナ最後の狩猟民」1/1ページ

森の民として自由に生きるムラブリ族 (提供写真)
森の民として自由に生きるムラブリ族 (提供写真)

人は不自由のない生活をおくる中で、山奥にポツンと立つ一軒家を訪ねたり、危険を承知で秘境を探索したりするテレビ番組につい惹かれてしまう。実は心のどこかで定住を望まない本能が残っているのだろうか。謎に包まれた少数民族を訪ねるドキュメンタリー映画「森のムラブリ インドシナ最後の狩猟民」を見て、そんな隠れた思いが沸いてきた。

若き言語学者の伊藤雄馬さんは、タイやラオスの密林でバナナの葉で家をつくりゾミア(山岳地帯)でノマド生活を送るムラブリ族の生活を追っている。タイ人は彼らを〝黄色い葉の精霊〟と呼ぶ。森の中を遊動し、文字を持たないため実態がよく分かっていない。金子遊監督は伊藤さんとともに密林に分け入り、ムラブリ族の生活を撮影することに世界で初めて成功する。

伊藤さんは「ムラブリ語の響きが美しいから」という動機で研究を始めたという。森の民から言葉の意味を拾いながら、掘ったばかりの野生の芋をいっしょにほおばる。電気、ガス、水道はなく、定住する家もないが、狩猟や子育ての生き生きとした笑顔がある。そんな奥地にも分断があり、伊藤さんは部族内の融和をはかろうと言語学者らしいアプローチで対話の後押しを試みる。

消滅寸前の部族を2年にわたり撮影した貴重な記録が85分間に凝縮されている。東京・シアターイメージフォーラムで公開中。大阪・シアターセブン、京都みなみ会館などで今春公開予定。 (中本裕己)

zakスペシャル

ランキング

  1. 【ニュースの核心】「対中前線基地化」要求か バイデン大統領が日韓歴訪 親中派・林外相の「二股路線」に釘、媚び売ってる場合ではない岸田政権

  2. 4630万円誤送金の田口翔容疑者、阿武町役場をプライバシー侵害で提訴する可能性も

  3. 【日本の誇り 安倍晋三】防衛費大幅増で自国守る「意思」示せ! バイデン大統領来日 韓国、安保で認識一致も竹島調査船は残念 日銀「子会社」発言は比喩的な表現

  4. DAIGO“政界進出”あるか 芸能界一の好感度、最近話題の暴露系ユーチューバーも人柄の良さを称賛 本人は「120%ないです」

  5. 【今からできる年金+10万円生活】早朝案件は狙い目! 定年退職後の「ハローワークでアルバイト探し」 年金プラス〝手堅い〟収入

  6. 【オヤジのためのサッカー塾】長谷部誠 EL優勝クラブ・フランクフルトの主将が日本人なのは誇り

  7. いしだ壱成、3人の女性からアプローチで〝モテ期〟告白 赤裸々なサービストーク展開で注目

  8. 後継者出現!プーチン氏〝退陣Xデー〟間近か 重病、クーデター説も 複数の諜報機関が暗闘 「数カ月後に大統領選の可能性」識者

  9. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  10. 【5月病より深刻!? 休みボケ徹底解消術】頭や体が思うように動かない…潜むうつ病を見逃すな 「おかしいな」と思ったら早めの受診を