憲法と自衛隊

誕生経緯に起因、自衛隊が抱える「矛盾と問題」 憲法9条への明記は賛成も…自衛、国防軍の創設が可能な再改正を1/2ページ

海自の観艦式。日本を取り巻く安全保障環境は激変している
海自の観艦式。日本を取り巻く安全保障環境は激変している

自衛隊は、昭和20(1945)年の敗戦で帝国陸海軍が解体された後、憲法9条の下で「陸海空軍その他の戦力」に至らない防衛組織として創設された。その結果、警察の延長線上に位置せざるを得なくなった。

今日、自衛隊は他国の軍隊と異なり、多くの「矛盾と問題点」を抱えているが、もとをただせばこの誕生経緯に起因しているのである。

まず、陸上自衛隊は、同25(50)年に、GHQ(連合国最高司令官総司令部)のダグラス・マッカーサー元帥の指令によって創設された警察予備隊から発している。

一方、海上自衛隊は、同27(52)年に、海上保安庁から海上警備隊が分離して誕生した。

旧軍には空軍はなかったので、航空自衛隊が新設され、同29(54)年に、防衛庁、陸海空自衛隊が誕生したわけである。

警察は、基本的には国民を相手としているため、極力権力の乱用は戒められ、武器の使用も抑制的になる。従って、警察に関する法律の仕組みは基本的に「ポジティブリスト」という。やっていいことが規定され、法律に書かれていないことはやってはいけない―ということになる。

一方、軍隊は外敵から国家、国民を守るためのものであり、国家は軍隊に対し、「いかなる手段を使っても国家、国民を守れ」というのがベースだ。もちろん無制限ではない。国際法の範囲内でなければならず、ROE(交戦規定)という政治的規制がかけられる場合もある。だが、基本的には「ネガティブリスト」の世界だ。すなわち、やってはいけないことが規定され、それ以外はやっていい―という世界である。

zakスペシャル

ランキング

  1. バイデン大統領のアジア歴訪を韓国が悪用!? ケジメなき「反日」暴挙問題の棚上げ画策も 「対北政策を利用し『告げ口外交』か」識者

  2. 資金洗浄、闇店舗…危ない「ネットカジノ」 4630万円誤送金詐取で24歳男逮捕、供述で「別の口座に移して使った」

  3. 【艶グラドル】林凛「女子大生7年目です」 セクシーポイントは「長身からの長い脚」

  4. 中国〝恫喝体質〟また露呈 王毅外相「日本は火中の栗を拾うな」 日中外相会談の同日、爆撃機が沖縄飛行

  5. 4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」

  6. 文在寅派、支持率ガタ減り…「性犯罪日常化政党」との指弾も 韓国で依然根強い「反日左翼」勢力 与党は6月統一地方選で大勝か

  7. 【テレビ用語の基礎知識】「優等生タイプ」 最近のテレビマンはこのタイプが多いが…テレビのオワコン化脱却はどれだけ「上とけんかして、下を守れるか」にかかっている

  8. 乙武洋匡氏、今夏の参院選出馬へ 大激戦の東京選挙区 水道橋博士も「れいわ新選組」から出馬表明 「スポーツ報知」報道

  9. 後継者出現!プーチン氏〝退陣Xデー〟間近か 重病、クーデター説も 複数の諜報機関が暗闘 「数カ月後に大統領選の可能性」識者

  10. 自民・高市政調会長、決然と批判! 韓国の竹島調査疑惑「外交儀礼上、問題がある」