「ウクライナ国民に連帯の気持ち」連合の芳野友子会長が激白 「政府は避難者支援せよ」 参院選組織内候補、雇用・労働政策にも言及2/2ページ

芳野氏は、中小の機械・金属メーカーを中心とした産別労組「ものづくり産業労働組合(JAM)」の出身。昨年10月、女性初の会長に就任した。夏の参院選で、その真価が問われる。比例代表で、立憲民主党の5人、国民民主党の4人を、連合の組織内候補として支援する。

このうち、国民民主党は「対決より解決」を掲げ、与党と政策協議する姿勢をみせている。ガソリン税の一部を減税する「トリガー条項」の凍結解除について自公与党と協議し、政府の2022年度予算に賛成した。

芳野氏は「トリガー条項の発動は、連合としても期待している。さらに、過重な負担となっている自動車関係諸税のあり方も見直すべきだ。その際、地方の税財源を確保するため、税制全般の見直しも問題提起してほしい」と述べた。

こうしたなか、自民党が13日の党大会で、「連合などとの政策懇談を積極的に進める」という運動方針を採択したことが注目されている。

「あくまで、連合が連携・協力していくのは立憲民主党と国民民主党だ。ただ、雇用・労働政策は幅が広い。考え方が合致すれば、個別の項目では是々非々でいい。厳しい国際情勢に埋もれ、非正規雇用や、ひとり親などの家庭支援といった深刻な個別の課題が見えにくくなっている。弱いところにしわ寄せが来ないよう、与野党にはリアルな国会論戦を通じ、必要な層に的を絞った効果的な解決策を具体的に示してもらいたい」 (報道部・村上智博)

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】あるぞ、大どんでん返し!東京・大阪〝14激戦区〟 優勢の自公与党、野党も必死の巻き返し ピンチの現職が相次ぎ鬼気迫る訴え

  2. 中国のふざけた妄言、尖閣周辺に侵入「日本の右翼漁船に対する法執行だ」 中露艦艇に弱腰の政府「参院選真っただ中の岸田政権を威嚇」識者

  3. ポスト和久田麻由子アナに浮上 「元東大ミスコン」堀菜保子アナ(27)の“大きな武器”

  4. 南北間の悲惨な事件「死の漂着」が文在寅氏を追い詰める 〝従北・左翼〟韓国前政権の「非人道性」が白日の下に フィクションでもファンタジーでもない事実

  5. 【日本の選択】麻生太郎氏と泉健太氏の発言を考える 絶対的に誤ってるとは言えない「弱肉強食」の認識 「どんな時でも対話」は単なる空理空論か

  6. 朝ドラヒロイン候補に森七菜と上白石萌歌が急上昇 小芝風花や今田美桜の名前も 「ブギの女王」歌手・笠置シヅ子がモデル、来秋スタート『東京ブギウギ』

  7. 徴用工問題の「皮算用」 韓国、参院選後に妥協案取り付け画策 岸田政権を軽視?「『日本国内の世論を気にせず…』と侮っている」

  8. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】CM曲はミリオン記録の絶大効果 明菜が味わった屈辱…担当者の「所属歌手だったのか」に失望も

  9. 「明石家紅白」で期待される〝SMAP雪解け〟 7年ぶりに香取慎吾と共演、木村派・さんまの仲介で「復活」の声

  10. よくぞ言った!江口のりこがぶっちゃけたテレビのタブー「番宣出演は意味がない」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ