ここまで進んだ最新治療

性機能への影響小、今年4月から保険適応になる前立腺肥大症の新治療「PUL」2/2ページ

専用の治療機器を使って糸でしばるだけなので、操作は簡単で手術時間も治験では1時間以内(慣れれば30~40分)と短い。欧米では、ほとんどが局所麻酔のみで行われているという。

それに従来の手術療法は前立腺組織を除去するので、手術中に出血や穴が開く穿孔(せんこう)などのリスクがある。一方、PULは前立腺被膜に針をかけるだけなので、出血があったとしても針による少量の出血だけだ。

また、前立腺肥大症の手術後は通常、2~3日の尿路カテーテル留置(尿道に細い管を入れておく)が必要になる。このカテーテル留置もPULの場合は、治験では68%が不要で、必要としても留置期間は平均1日未満と報告されている。

「このように従来の手術療法よりも低侵襲なのがPULの特徴ですが、術後に性機能にほとんど影響を与えないことも大きなメリットです。従来の手術は膀胱頸部を削るので、精液が膀胱に逆流する射精障害が65~80%に起こります。それがPULでは膀胱頸部を触らないので、射精障害は起こりません。ED(勃起障害)のリスクもほとんどありません」

まだ性生活が活発で性機能温存を重視するなら、最初に検討したい手術療法だ。 (新井貴)

(この画像はテレフレックス社の許可を得て掲載しています。©2022Teleflex Incorporated. 無断複写・転載を禁じます)

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】有名人一騎打ちの長野選挙区 自民・松山三四六氏に「文春砲」「新潮砲」炸裂! 立民・杉尾秀哉氏は「ノーコメント」 夕刊フジ記者がW直撃

  2. 巨人・坂本勇人に〝異変〟 2試合連続で途中交代 「正常ではない」状態続けばコンバート加速も

  3. 【日本の解き方】「サハリン2」めぐる大統領令とロシア国債デフォルトは同じ現象だ 大きくなる専制国家のカントリーリスク

  4. 中露また威嚇行動 ロシア海軍艦、沖ノ鳥周辺に出現 中国海警局船、尖閣周辺での領海侵入は3日連続

  5. 南北間の悲惨な事件「死の漂着」が文在寅氏を追い詰める 〝従北・左翼〟韓国前政権の「非人道性」が白日の下に フィクションでもファンタジーでもない事実

  6. 【日本の選択】麻生太郎氏と泉健太氏の発言を考える 絶対的に誤ってるとは言えない「弱肉強食」の認識 「どんな時でも対話」は単なる空理空論か

  7. 【アイドルSEXY列伝】片瀬那奈 変わらない明るさと衰えない美貌 死屍累々の有名人YouTubeも…頑張ってほしいフリーランスで奮起する40歳

  8. 【高須基一朗の“瞬刊”芸能】「ウンジャラゲ」復活の日 田中聖の再逮捕で「田代まさし」が急浮上 いまや何がきっかけで過去が掘り返されるか予想できない

  9. 【2022年夏・参院選】あるぞ、大どんでん返し!東京・大阪〝14激戦区〟 優勢の自公与党、野党も必死の巻き返し ピンチの現職が相次ぎ鬼気迫る訴え

  10. 【エロス&バイオレンスの極み 石井隆の世界】表現のタブーの限界に挑戦した〝本気のSM〟 杉本彩が週刊誌を席巻「花と蛇」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ