歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡

英語詞の冒険的シングル「BLONDE」 アルバム収録の原曲とは別物 セールスはイマイチも…新しい分野を開拓1/3ページ

中森明菜「BLONDE」
中森明菜「BLONDE」

デビュー5年目を迎えた中森明菜の1987年第1弾となったのが通算18枚目のシングル「BLONDE(ブロンド)」だった。87年6月3日に発売された。

「この曲は、ある意味で冒険だった」

ワーナー・ミュージック(現ワーナーミュージック・ジャパン)で明菜の担当ディレクターだった藤倉克己は振り返る。

原曲は、シングル発売後の8月25日にリリースされたオリジナルアルバム「Cross My Palm」の収録曲「THE LOOK THAT KILLS」だった。

アルバム「Cross My Palm」は、明菜にとっては初の全編英語詞によるアルバムとして制作されたものである。藤倉はいう。

「最初は日本語詞のアルバムをと思っていました…。ただ明菜の制作を担当する前、僕は洋楽の制作だったこともあり、よく明菜と海外アーティストの話をする機会が多かったんです。それで明菜も洋楽に興味を抱き始めたのでしょう。彼女は新しいことにチャレンジしたがっていたので、何となく洋楽のノリで『英語詞でアルバムを作ろう』『やろうやろう』となったと記憶しています。方向性としては明菜作品でコンセプトとしてきた〝歌う兼高かおる〟〝歌謡曲の王道〟とはかけ離れてしまっていましたけどね」

では、明菜の英語力はどうだったのか?

zakスペシャル

ランキング

  1. 田口容疑者「自己破産」でも免責なしか 4630万円誤送金問題 「毎月5万円ずつとしても70年以上」「実刑3年も」若狭弁護士

  2. バイデン大統領、尹政権の「親米度」を試験か 中国恐れ揺らぐ保守公約 識者「『文政権からの転換を図れ』とクギを刺す」 米韓首脳会談

  3. 暴行容疑で逮捕の財務総括審議官を更迭 物おじしない財政再建〝次官候補〟 人事変更で岸田政権にも影

  4. 【大前研一のニュース時評】米国が台湾を〝一国〟のごとく扱い出した 国務省HPの「独立を支持しない」文言削除 本来、常任理事国ではなかったロシアと中国

  5. 【するりベント酒】国技館の焼き鳥で、自宅で昼間に飲んでみた 全部食べ終わって、はたと気がついたこと

  6. 動き出した森保監督〝リストラプロジェクト〟 大迫の次は誰だ? キリンチャレンジ杯・代表メンバー発表

  7. 4630万円誤送金の田口翔容疑者、阿武町役場をプライバシー侵害で提訴する可能性も

  8. 【ニュースの核心】「対中前線基地化」要求か バイデン大統領が日韓歴訪 親中派・林外相の「二股路線」に釘、媚び売ってる場合ではない岸田政権

  9. 【艶グラドル】美澄衿依、趣味は“かわいい子探し” 初DVD「Ellie」を発売

  10. 吉岡里帆の“うさぎコスプレ”が話題 ネット民「バニー姿ステキ」「飼いたい」「どんぎつねさんと悩む」